『あの花』と『ここさけ』は自らのひきこもり体験から生まれた…脚本家の岡田麿里が告白した自伝が話題!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『あの花』と『ここさけ』は自らのひきこもり体験から生まれた…脚本家の岡田麿里が告白した自伝が話題!の画像1
岡田麿里『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(文藝春秋)

『あの花』と『ここさけ』で描かれたひきこもりの設定

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と『心が叫びたがってるんだ。』。それぞれ人気テレビアニメシリーズであり、大ヒットアニメ映画だが、実は両者の作品には共通点が2つある。

 ひとつは、両方とも同じ脚本家によって書かれているということ。そしてもうひとつは、ストーリーの核となるテーマとして「ひきこもり」が描かれているということだ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、『あの花』)の主人公・宿海仁太(じんたん)は、幼なじみと母親の死や高校受験の失敗などが重なり、登校拒否に。普段は家に引きこもってゲーム三昧、用があって外出せざるを得ないときはニット帽や眼鏡で変装。偶然知り合いに遭遇すると慌てて逃げたり目をそむけたりする人物として描かれている。

 また、『心が叫びたがってるんだ。』(以下、『ここさけ』)の主人公・成瀬順は、幼少時に自分のおしゃべりがきっかけで父の不倫を母に悟らせてしまい、結果として両親は離婚。そのトラウマから声を出して話そうとすると腹痛に襲われるようになってしまう。一応高校には通っているものの、一言も話さないので当然友だちもおらず、クラスメイトからはのけ者にされている。

 この2つの作品に共通する「ひきこもり」というテーマは、実は脚本を務めた岡田麿里の実体験を色濃く反映させたものだった。彼女の自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(文藝春秋)では、なぜひきこもる学生生活を送ることになったのか、そしてどうやってそこから抜け出すことができたのかを赤裸々に綴っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『あの花』と『ここさけ』は自らのひきこもり体験から生まれた…脚本家の岡田麿里が告白した自伝が話題!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひきこもり新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
2 山口敬之が補助金交付関与の新証言
3 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
4 安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
5 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
6 吉永小百合、声をあげることへの覚悟
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
9 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
10 日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
11 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
12 欅坂平手負傷で武道館中止にメンバーが
13 孤立?ももクロ有安を精神分析
14 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
17 佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
18 安倍がネットでヘイト女性と意気投合
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 ジャニーズ事務所のSMAP消去作戦
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
4安倍と会食した三橋貴明がDVで逮捕!
5安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
6安倍がネットでヘイト女性と意気投合
7西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
8加計学園に国民の血税投入の新疑惑!
9安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
10山口敬之が補助金交付関与の新証言
11ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
12「SAPIO」反日バッシングの異常
13日立原発支援政策は“お友だち優遇”
14河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
15安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
16『相棒』が安倍官邸の謀略体質を批判
17安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
18異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
19小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
20松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」