>  >  > 山本太郎を評価せよ!

山本太郎は「バカ」じゃない! 確信犯のパフォーマンスに安倍の急所を突く質問…ここまでの覚悟をもった政治家がいたか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamamototarou_150920.jpg
参議院議員 山本太郎 オフィシャルサイトより


 案の定、山本太郎が盛大にバカにされている。

 山本は19日の参議院本会議で牛歩戦術を行い、採決の引き伸ばしを狙ったのだが、そのときの格好といえば喪服姿で左手には数珠。さらに壇上に登ると、焼香をあげるしぐさを行い、合掌さえして見せた。

 山本によると、それは「自民党は死んだ」というメッセージであり、強行採決が行われた特別委員会がその「通夜」で、翌日の本会議は「告別式」だったという。

 しかし、メディアの反応は冷ややかだった。各テレビ局こぞって山本議員の牛歩を取り上げ、TBSは「謎のパフォーマンス」、フジテレビは「葬儀パフォーマンス」などとして「こいつピエロだ」と言わんばかりに映像を繰り返し流している。当然、ネットの反応はよりストレートな誹謗中傷に溢れた。

〈キチガイ乙、こいつはもう早く死ねばいいのに〉〈山本テロ太郎は一人牛歩して何の意味があるのだろうか…〉〈完全に頭狂ってるとしか思えん〉〈国会はあんたのつまらない寸劇を披露する場じゃない〉

 ……もういいだろう。とにかく、山本議員はマスコミからは冷笑され、ネットでも血祭りにあげられているわけである。

 だが、山本はほんとうにただの「ピエロ」「目立ちたがりのバカ」なのだろうか。実を言うと筆者も、少し前まで山本太郎のことをそういうふうにとらえている部分があった。だが、この間の安保法制論議での言動を見ているうちに、考えは180度変わった。

 いまの野党にここまでの覚悟と訴求力をもった政治家がいるか、と。

 たとえば、くだんの牛歩。採決直前のメディアの論調を見ていると、牛歩や議事妨害パフォーマンスをやれば、批判を受けるというのは明らかで、山本自身も絶対にそれはわかっていたはずだ。だからこそ、他の野党議員は批判を恐れて日和って、牛歩戦術を放棄した。

 だが、そんななかで山本太郎ただ一人、それを敢行した。しかも、山崎正昭参議院議長が投票の時間制限を求めたことで未遂となったが、それがなければ日付を越えて牛歩を続行するつもりだったという。

この記事に関する本・雑誌

ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
2 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
3 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
4 ファンキーがW不倫後初の雑誌対談で…
5 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
6 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
7 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
8 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
9 NEWS加藤がSEALDsに賛同!
10 大手メディア参院選情勢調査の結果は
11 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
12 自民党のオバマ利用“違法CM”の顛末
13 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
14 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
15 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
16 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
17 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
18 ナンシー関の長渕剛論がすごい
19 小林麻耶、乳がんの妹・麻央への思い
20 乙武別居で障碍者への偏見報道が
PR
PR
1フジロックに政治を持ち込むなというバカ
2安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
3参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
4稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
5田崎史郎に自民党が政党交付金から金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
10NHKディレクターが語る原発報道圧力
11大手メディア参院選情勢調査の結果は
12広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
13党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
14五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
15安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
16百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
17NEWS加藤がSEALDsに賛同!
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
20大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」