年末特別企画 リテラの2016年振り返り

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL…2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
subculture_161230.jpg
左から水道橋博士の「博士の悪童日記」/のんオフィシャルブログ/ニコニコ動画「豪さんのチャンネル」/AKB48公式サイト「秋元康プロフィール」より


 今年は芸能スキャンダルがワイドショーや週刊誌を賑わせたが、サブカル界でもいろんな事件やトラブルが起きた。マスコミではまったく取り上げられていないが、音楽、映画、アイドルなどをめぐってさまざまな論争が起き、SNS上での大炎上に広がったことも珍しくなかった。
 こうしたトラブルは、どうでもいいような重箱の隅をつつきあうものも少なくなかったが、表現圧力や差別など、現在の日本社会が抱える問題や文化状況をあぶり出すようなものもあった。リテラでは年末特別企画として、2016年を代表する7つのサブカル事件を振り返ってみたので、ぜひ読んでいただきたい。

■事件その1
フジロックが奥田愛基出演で炎上!「音楽に政治を持ち込むな」という言葉がネット上に

「音楽に政治を持ち込むな」という言葉がツイッターのトレンドになり、朝日新聞の社説にまで取り上げられる事態に発展したこの騒動。そのきっかけは「FUJI ROCK FESTIVAL’16」にSEALDsの奥田愛基氏の出演がアナウンスされたことだった。これを受けてネット上には〈今年は絶対フジロックいかない 政治色本当やだ〉などといった言葉が書き込まれ、炎上に発展していった。
 しかし、この言説が大きな間違いであることは今さら否定するまでもない。フジロックは1997年の開催初年度から社会的イシューに関して自覚的なフェスティバルであり、地球環境問題に関する啓蒙活動や、反戦・反原発へのメッセージを発信し続けてきた。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パティ・スミス、BRAHMANなど、洋邦問わずメッセージ性の強いアーティストがステージ上に立ち続けていることも、フジロックのことを少しでも知っている人間なら誰もが理解していることである。
 それ以前に、そもそもポップミュージックは、ブルース、ソウル、ファンク、レゲエ、パンク、ヒップホップ、どのジャンルにおいても社会的なメッセージと不可分な存在である。「音楽に政治を持ち込むな」などという言説はまずもってポップカルチャーとしての音楽の歴史を何も理解できていない馬鹿げた発言としか言いようがないのだが、残念ながら恐らく来年以降も反権力の主張を行うミュージシャンに対し、無自覚なリスナーからバッシングが飛んでくる傾向は変わらないだろう。そのたびに我々は「そうではない」と言い続けなくてはならない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL…2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BABYMETAL水道橋博士町山智浩秋元康編集部能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画