NON STYLE井上の当て逃げ事件で芸能マスコミが大騒ぎ 小泉今日子の当て逃げ事件ではマスコミ無視、ドラマもCMも放送されたけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
inoue_161215.jpg
「NON STYLE 井上裕介のみんなのアイドルになりたくて」より


 NON STYLE井上裕介の“当て逃げ”事件が、いま大きな波紋を呼んでいる。

 事件のあらましはこうだ。井上は今月11日深夜、世田谷区で運転中にタクシーと接触。相手のタクシー運転手は頸椎捻挫と腰椎捻挫で全治2週間のけがを負ったが、井上は救急車を呼ぶことも救護することもなく、そのまま逃走。報道によれば事故の際、運転手がナンバーを覚えていたため、自宅に戻っていた井上は警察によって任意同行されたという。現在、井上は自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道路交通法違反(救護義務違反)の疑いで捜査を受けているようだ。

 この一件はワイドショーやスポーツ紙でも大きく取り上げられたが、こうした事態に、13日、井上はすべての芸能活動自粛と自宅謹慎を発表。レギュラー番組や年末年始の特番などもキャンセルされることとなった。さらに活動自粛と謹慎は、刑事処分が決定するまでの約2カ月間、継続する予定だという。

 たしかに、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーの発表でも「(井上は)接触したかもしれないと認識していた」というから、悪質な当て逃げであり、相手がけがまで負った人身事故である以上、芸能活動自粛も仕方のないことだろう。

 ところが、芸能界において、過去に同様の当て逃げ事件を起こしたにもかかわらず、活動自粛どころか、ワイドショーや芸能マスコミにも大きく扱われることなく、何のお咎めもなかった事件がある。

 それは、2005年に小泉今日子が起こした“キョンキョン当て逃げ”事件だ。

 小泉が事故を起こしたのは同年1月26日の早朝6時20分ごろだった。この事件を報じた毎日新聞05年1月28日付の記事によると、小泉は目黒区の路上を運転中、新聞配達中の男性が止めていた原付バイクの右側に車の左前部を衝突させ、そのまま現場から立ち去ったという。

 その際、男性にけがはなかったというが、バイクが転倒し、右のステップが破損。そのため男性は警察に通報、車のナンバーの一部を覚えていたことで小泉所有の車が浮上し、事故の翌日に警察から道交法違反の疑いで事情聴取された。このとき、小泉は「自分が運転していたと思う」と認めている。つまりこれは立派な当て逃げ“事件”だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NON STYLE井上の当て逃げ事件で芸能マスコミが大騒ぎ 小泉今日子の当て逃げ事件ではマスコミ無視、ドラマもCMも放送されたけど…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小泉今日子林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画