相葉雅紀“紅白司会”は「嵐をオリンピックの顔に」計画の一環? SMAP追放も五輪利権を奪い取る目的だったとの説が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
arashi_01_160227.jpg
まさかの紅白司会、嵐・相葉クン決定の裏事情とは


 今年の『NHK紅白歌合戦』、司会は嵐の相葉雅紀に決定した。この結果には、驚いた人も多かっただろう。例年よりも発表が遅れていたが、その裏には、またもやジャニーズ事務所のゴリ押しがあったらしい。

「NHKとしては、まずダメもとでSMAPに頼み、ダメなら井ノ原快彦にもう1年、と思っていたようですが、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長から、どうしても相葉でいってほしい、という強い要望があったらしいですね」(スポーツ紙記者)

 なぜ相葉なのか。この抜擢の背後でささやかれているのが、ジャニーズの東京オリンピック・パラリンピック戦略だ。ジャニーズは嵐を“オリンピックの顔”にすることを狙っており、そのために、毎年、メンバーにひとりずつ順番にNHKで紅白の司会をやらせ、オリンピックイヤーに5人そろったかたちで大掛かりなオリンピックがらみのプロジェクトを立ち上げるということを考えているというのだ。

「東京スポーツもその線で書いていましたね。ただ、東スポは『5か年計画』と称して、5年かけてメンバーがひとりずつ司会するとしていましたが、それだと、ひとりだけ司会がオリンピックの後になってしまう。私がジャニーズ関係者から聞いたのは、大野智と松本潤ははずして、相葉、二宮和也、櫻井翔を順番に司会にして、オリンピックイヤーの前の年にもう一度、5人一緒に司会をやらせる、というものでした」(前出・スポーツ紙記者)

 いずれにしても、ジャニーズ事務所が東京五輪に並々ならぬ意欲をもっていることは事実だ。実際、五輪招致が決まると『JOHNNY'S 2020 WORLD』という公演を立ち上げ、ジャニー喜多川社長自ら演出する舞台に組織委の森喜朗会長を招待している。TOKIOに、五輪旗のフラッグツアーのアンバサダーをやらせたのもオリンピックに食い込むための布石だといわれている。

「嵐は最終的に、オリンピックイヤーはNHKと組んで大々的な五輪応援イベントをやるという話もありますし、開会式のジャニーさんの演出や嵐の出演、あるいは公式サポーター的な役割まで本気で狙っているんじゃないかという話もあります」(テレビ局関係者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

相葉雅紀“紅白司会”は「嵐をオリンピックの顔に」計画の一環? SMAP追放も五輪利権を奪い取る目的だったとの説がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ五輪時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも