芥川賞受賞・村田沙耶香の問題作!“10人生めば1人殺してOK”恐怖の少子化対策「殺人出産制度」が問うもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
muratasayaka_160720.jpg
左『コンビニ人間』(文藝春秋)/右『殺人出産』(講談社)


 昨日、第155回芥川賞の選考会が行われ、受賞作は村田沙耶香の「コンビニ人間」(「文學界」6月号掲載)に決定した。

 著者の村田は、大学在学中の2003年に『授乳』でデビューし、数々の新人賞を受賞してきた期待の若手作家。「コンビニ人間」の舞台にもなったコンビニで自身も学生時代からいまも週3回バイトしており、バイトのない日は執筆しないという少し変わった執筆スタイルの持ち主だ。

 以前、『ご本、出しときますね?』(BSジャパン)に出演した際にも、グロテスクな殺人シーンを書いているときに喜びを感じるとか、バイト中に客からいきなり抱きつかれても気づかないふりをするといったエピソードを披露し、共演者を驚かせていた。

 そんなところも含めてなのか、村田は朝井リョウや加藤千恵、西加奈子ら作家仲間からは“クレイジー沙耶香”と呼ばれているという。しかし、彼女が“クレイジー”と評される最たる所以は、やはり作品や彼女が扱うテーマにあるだろう。

 今回芥川賞を受賞した「コンビニ人間」の主人公は、常軌を逸した言動のため幼いころから“普通じゃない子”とされてきたが、コンビニで働くうちにマニュアル通りに動き、完璧な接客をする“普通の人間”を簡単に演じられるようになる。自分を世界の正常な「部品」にしてくれると感じられるコンビニでバイトすることで、その女性は安息を得るのだ。一見すると、異常に見える主人公だが、その異常性を描くことで、現代のマニュアル化した人間や“普通”であることを強要する社会に対する風刺になっている。

 こうした現代社会を風刺するデストピア的な世界観をもった小説は近年の村田の持ち味のひとつとなっているが、とくにセックスも家族も過去の遺物となった世界を描いた『消滅世界』(河出書房新社)や3人での恋愛が流行する世界を描いた「トリプル」のような、ジェンダー観や家族観、生命観を問う作品が印象的だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

芥川賞受賞・村田沙耶香の問題作!“10人生めば1人殺してOK”恐怖の少子化対策「殺人出産制度」が問うもののページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NHKクロ現スクープの裏事情
2 前川前次官が田崎スシローを批判!
3 文科省女性官僚にネトウヨがデマ攻撃
4 城田優がハーフ差別を告白
5 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
6 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
7 SMAP3人テレビ追い出し作戦の手口
8 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
10 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
11 森友強制捜査で検察が国有地問題スルー
12 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
13 クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
14 NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
15 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 須藤凜々花の結婚宣言は秋元の仕掛け?
18 不倫女性が告白する本音と日常とは?
19 釜山総領事更迭の裏に官僚監視秘密警察
20 安倍首相はこれだけウソをついてきた!
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?
1NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
2義家が文科省の証言に粛清を宣言!
3文科省天下り問題の裏には官邸が
4安倍首相は「反省」などしていない!
5安倍が共謀罪採決で委員会とばす暴挙
6安倍首相はこれだけウソをついてきた!
7国際社会から共謀罪と安倍批判が続々
8萩生田の答弁は嘘、安倍、加計とBBQ
9クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
10追悼…野際陽子が語った戦争の悲惨
11共謀罪強行成立に著名人たちが怒りの声
12櫻井よしこ、竹田恒泰の森友講演料は?
13共謀罪強行成立記念!トンデモ答弁録
14安倍官邸VS文科省が全面戦争に突入
15林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
16安倍側近・萩生田が「加計ありき」の指示!
17「キネマ旬報」が共謀罪批判を特集!
18特区決定前に加計がボーリング調査の裏
19共謀罪強行成立をテレビがスルー!
20トレエン斎藤さんが安倍政権批判!
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」