百田尚樹が都知事選に出馬表明? 寝言をいう前に田母神俊雄を応援して「立派な日本人」と絶賛した責任をとれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hyakutanaoki_01_160305.jpg
ニコニコ動画「百田尚樹チャンネル」より


 舛添要一を“弱い者いじめ”で引きずり降ろした次は、候補者選びに話題がスライドした都知事問題。しかし暗澹たる気分にさせられるのは、出馬が取り沙汰されている、その面子だ。

 橋下徹や東国原英夫といった“タレント元知事”は言わずもがな、杜撰な原発政策を振りかざす丸川珠代に、父親譲りの失言癖があるのに“世襲”に色気を出す石原伸晃、権力者にすり寄って生きてきた“政界渡り鳥”小池百合子、菅義偉官房長官に言いなりの櫻井翔パパこと桜井俊&安倍首相と関係の深い斎木尚子という官僚組……。

 その上、安倍首相とスタンスが近い民進党のネオコン議員・長島昭久を擁立して自民・公明が相乗りするという情報も飛び交い、ブラック企業の代名詞となったワタミの創業者・渡邉美樹までもが出馬に意欲を示すという。頭がクラクラ。

 しかもそんななかで、“もっともあり得ない”あの人物が名乗りを挙げた。百田尚樹である。

 百田はきょう、Twitterにこんな文章を投稿した。

〈東京都知事に立候補しようかと真剣に考えている。取り敢えず住民票を移して、生まれて初めて東京都民になるか。〉
〈でも、都知事選なんかに立候補したら嫁さんに怒られるから、こっそり出ないとあかんなあ。〉

 こうつぶやくや否や、Yahoo!ニュースに取り上げられると、本人はさらにはしゃいだ様子で連投。〈『カエルの楽園』が50万部売れたら、マジで東京都知事に立候補するんやけどなあ。〉と小説の体を成していない例の自著を宣伝し、さらには〈僕が東京都知事になったら、取り敢えず、例の韓国人のための学校用地貸与の契約をなしにする。〉などと、いつもの嫌韓丸出しの“選挙公約”まで発表しはじめたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
2 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
3 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
4 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
5 星野源が大衆ウケするようになった理由
6 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
7 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
8 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
9 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
10 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
11 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
12 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
13 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
14 シリア攻撃を支持した安倍の支離滅裂!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 マツコが“忘れられない男”と首都高で
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
19 星野源の“壮絶”闘病生活
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2自民が森友追及され逆ギレ強行採決
3オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
6ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
7安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
8キノコや筍を採るだけで共謀罪
9講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
14室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
19昭恵夫人のサミット機密漏洩に新証拠!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」