高倉健の養女が生前の住居を解体工事、江利チエミとの水子を祀った墓地も更地に! 深まる“殉愛”疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakura_151113_top.jpg
高倉健『旅の途中で』(新潮社)

 高倉健の養女を巡る“殉愛疑惑”がますますアヤしくなってきた。今年5月23日、高倉健が終生暮らした東京世田谷にある敷地260坪の豪邸の解体工事が開始されたのだ。

 それだけでない。同時に1972年、生前に高倉が購入し、しばしば線香をあげに通った鎌倉霊園の墓石と、そこに置かれた水子地蔵が撤去され更地になっているという。その水子地蔵は63年、高倉が元妻の故・江利チエミとの間に授かったものの、江利が妊娠高血圧症候群のために中絶を余儀なくされた胎児を祀った地蔵だ。

 高倉が愛した“聖地”が相次いで消滅してしまう。もちろんこの解体工事や墓地を更地にしたのは問題の養女Aさんだ。

 高倉が多くの人々に惜しまれつつ逝去したのは2014年11月10日のことだが、その直後、世間の注目を集めたのが養女Aさんの存在だった。高倉の死の1年半ほど前に極秘に入籍していたAさんの存在は、近親者や近しい関係者にさえほとんど知らされていなかったことに加え、高倉の死後にはいくつもの不可解な行動に出たことで関係者にも不信感を抱かせるようになったのだ。

 はじまりは、死後しばらく、九州に住む妹と甥や姪に当たる親族にその死を伝えず、密葬に参加させなかったことだ。

 Aさんが選んだ5人の密葬出席者は、高倉と絶縁したはずの岡田裕介・東映会長が含まれていたり、逆に弟分だった小林稔侍が呼ばれていないなど、関係者からすると、首をひねりたくなるようなものだった。

 さらに密葬の席でAさんは出席者たちに「お骨も持ち帰りいだきたい」と提案、また前述の鎌倉霊園に高倉の遺骨が納骨されることなく、Aさんが散骨を主張していることや霊園の管理費滞納も判明している。

 こうした状況にAさんの存在は「やしきたかじんの『殉愛』騒動と同じではないか」との疑惑の声が次第に強くなっていったのも当然のことだった。

 さらに高倉の死後1年半が経った今年5月には遂に高倉の実妹が「週刊新潮」(新潮社)5月19日号のインタビューに応じ、Aさんが主張する“全て生前の高倉の遺志”に対して反証し、不信感さえ露わにした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

高倉健の養女が生前の住居を解体工事、江利チエミとの水子を祀った墓地も更地に! 深まる“殉愛”疑惑のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマ殉愛江利チエミ週刊新潮高倉健の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも