野球賭博汚染は球界だけじゃない、AKB運営・前社長も億をつぎ込む常連だった! 巨人とAKBのコラボの裏で何が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akbgiants_160403.jpg
以前イープラスで発売されたAKB48とジャイアンツコラボ企画の「AKB48シート」(イープラス特設サイトより)


 昨年は福田聡志、笠原将生、松本竜也の3選手、そして今年になって新たに高木京介選手の関与も明るみとなりながらも、結局ペナント開幕までに全容解明まではいたらなかった野球賭博問題。

 発覚当初は大問題となったが、開幕とともに話は一気に風化。賭博問題と同時に出てきた「声出し」や高校野球くじに関する話題とともに、今後は一気にうやむやとなりそうな気配が濃厚だ。

 この状況に、裏でこっそり関与していた野球賭博関係者はさぞかし胸をなでおろしていることだろう。そして、この男も、そのうちの一人なのではないだろうか──。

 その男とは、秋元康とともにAKB48をつくった創始者の一人にして、AKB48の運営会社である株式会社AKSの前社長・窪田康志氏である。

 彼は過去、「週刊文春」(文藝春秋)2011年8月11日・19日合併号で野球賭博常習者であったと報じられたことがある。

 誌面によれば、AKB48が誕生する前の04年のシーズンから10年のシーズンまで年間億単位の額を野球賭博につぎこんでいたという。

 彼は大のギャンブル好きとして有名で、多数の競走馬の馬主としても知られている。AKB48の創始者は秋元康、窪田康志、芝幸太郎の三人で、「AKS」という名前は、秋元の「A」、窪田の「K」、芝の「S」と三人の名前の頭文字をとったものというのはファンの間では周知の話だが、「週刊文春」によれば、この窪田と芝の出会いは芝が経営していた裏カジノの常連客が窪田であったというところから始まっており、そういう意味では、AKB48は発足前から裏ギャンブルとは深い縁があったとも言える。

 しかし、この件で問題なのは、窪田氏が違法な野球賭博に関与していたということの他にもう一つある。AKB48と野球、特に読売ジャイアンツは浅からぬ関係があるということだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

野球賭博汚染は球界だけじゃない、AKB運営・前社長も億をつぎ込む常連だった! 巨人とAKBのコラボの裏で何が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48タブー井川健二野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画