ジャニーズの派閥対立をつくったのはジャニーさんだった! SMAP騒動の内幕暴露本が指摘した新事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_160327.jpg
『SMAP解散騒動の全内幕』(常田裕、宝島特別取材班宝島社/宝島社3月28日発売)

 世間を騒がせたSMAPの分裂・解散騒動も、現在はすっかり落ち着いている。分裂は回避され、テレビではSMAPのメンバーが以前と変わらぬ笑顔を振りまいている。

 だが、本当にすべてが解決したのかといえば、そうではない。メンバーの事務所残留が決まった後も、メリー喜多川副社長を批判する中居の言動や、修復不可能なほどこじれてしまったメンバー間の不仲などが報じられているように、水面下では様々な問題がくすぶり続けている。

 そんな中、あの解散騒動の真相を検証する本が来週、出版される。『SMAP解散騒動の全内幕』(常田裕、宝島特別取材班宝島社/宝島社3月28日発売)だ。

 タイトル通り、解散騒動の背後でいったい何が起きていたのか、という内幕はもちろん、SMAPのメンバー間の関係、ジャニーズ事務所の内部事情、メリー喜多川副社長と飯島三智マネージャーの素顔、さらに、ジャニーズにふりまわされるスポーツ紙やテレビ局の内情まで……。これまで、どこも触れようとしなかったジャニーズタブーの全貌を解き明かした一冊だ。

 同書には、SMAP問題を取材し続けてきたリテラ編集部も全面的に情報提供をしているのだが、実は当サイトでも報じていない、ある重要な人物の関与についても書かれている。

 ほかでもない、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川のことである。

 一連の騒動を振り返ってみればわかるのだが、ジャニー氏の名前は不自然なほど登場してこない。ジャニー氏の名前がようやく登場するのは、あの“謝罪生放送”が行われる前夜のこと。キムタクを除く中居ら4人のメンバーが集まり、事務所に対して正式に謝罪をしたという場面だ。「週刊文春」(文藝春秋)が、その席の様子をこう報じている。

〈ジャニーさんは平身低頭の4人に対して『だって(自分は)辞めるって聞いてないもの。辞めてないんだから、戻るということもないよ』と優しい言葉をかけて受け入れたといいます〉

 これが翌日の生放送での「今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんがつくってくれて、いま僕らはここに立てています」という草彅剛の発言につながるわけだが、謝罪を受け入れた席での「辞めるって聞いてないもの」という言葉には、当事者にしてはどこか他人事のような響きがあったことに気づくはずだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

SMAP解散騒動の全内幕

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ジャニーズの派閥対立をつくったのはジャニーさんだった! SMAP騒動の内幕暴露本が指摘した新事実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズメリー喜多川時田章広裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画