「PlayStation VR」の発売詳細が決定もエロコンテンツは排除? プレステではヴァーチャルセックスはできない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
PlayStationVR_160316.jpg
PlayStationVRオフィシャルサイトより


 かねてより発売時期などの公式アナウンスが待ち望まれていた「PlayStation VR」の発売が、10月発売で値段は44980円になると正式発表された。

 そんななか、ネットを中心に盛り上がっているのは、「PlayStation VR」に対応したエロゲーは発売されるのか否かという話題だ。VHS対ベータの対決を例に出すまでもなく、「最新家電の成功の鍵を握るのはアダルトコンテンツ」と言われるが、果たしてどうなるのか?

 実際、SimilarWebの調査によると、昨年VRアダルト業界は急成長し、VRポルノ関連サイトへのアクセスは前年比200%に増加。近い将来、VRコンテンツ市場のなかでポルノに関するものが3番目の規模になるとの予想も立てられている。

 現在VR市場はこのような活況を呈しているが、「PlayStation VR」にはあまり景気のよくない話も出ている。「PlayStation VR」はソニーに承認されたソフトしか動作しないので、レーティングの関係からアダルト関係のコンテンツは締め出される可能性が高く、そのあたりをオープンにしている競合機「Oculus Rift」の方にこのVR戦争の軍配が上がるのではとの見方が有力だ。

 しかしなぜ、そんなにもアダルトコンテンツがVR市場のなかで注目を集めているのか? 本サイトでは以前、VRポルノの最新事情を記事にしたことがあるが、そこには視覚と聴覚はもとより、オナホールとの連動などにより触覚までセックスの疑似体験が可能となる驚きの現実があった。「人間とのセックス」が時代遅れになる時は、冗談ではなくもうすぐそこまで来ている。その記事を再録するので、是非読んでみてほしい。
(編集部)

********************

 5月26日・27日に伊勢志摩サミットが開かれる。開催地ではこのサミットにより各国政府や報道関係者ら延べ50万人の宿泊が見込まれており、また、これにともない訪日観光客の急増も期待され、三重県や愛知県では観光客誘致に躍起な模様だ。

 しかしその一方、このサミット開催により、ある業界が絶滅を危惧されている。風俗業界だ。「SPA!」(扶桑社)2016年1月12日・19日号では、風俗店オーナーのこんなコメントが掲載されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ベテラン風俗ライターが明かす フーゾク業界のぶっちゃけ話

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「PlayStation VR」の発売詳細が決定もエロコンテンツは排除? プレステではヴァーチャルセックスはできない?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。PlayStation五輪田中 教編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画