『おそ松さん』ブームに、『天才バカボン』ドラマ…再注目の赤塚不二夫がアラーキー撮影でポルノ男優をしていた仰天過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ueda_160311_top.jpg
特別ドラマ企画「天才バカボン~家族の絆」HPより


 現在、『おそ松さん』(テレビ東京系)が大ブームとなっている赤塚不二夫。視聴率は通常の深夜アニメの1.5倍〜2倍。また、『おそ松さん』を特集した「月刊アニメージュ」2016年2月号(徳間書店)、「アニメディア」16年2月号(学研プラス)はどちらも雑誌としては異例の増刷がかかる事態に。

 死後8年が経ったいまも赤塚不二夫人気には陰りが見えない。そんななか、彼の代表作『天才バカボン』の実写ドラマ『天才バカボン〜家族の絆』(日本テレビ系)が本日放送される。

 バカボンのパパを上田晋也(くりぃむしちゅー)、バカボンのママを松下奈緒、バカボンをオカリナ(おかずクラブ)、レレレのおじさんを小日向文世、おまわりさんを高嶋政伸が務め、他にも隣人役などでマツコ・デラックスや船越英一郎ら豪華キャストが出演予定だ。

 そして、「西から昇ったおひさまが~」でおなじみの主題歌を歌うのは、タモリ。「先生の作品の実写化なら、やらないわけにはいかないでしょう」とオファーを快諾したという。CD発売や配信の予定はないとのことで、ドラマの放送でしかこのタモリの歌声を聴くことはできないようだ。

 そんな赤塚不二夫といえば、酒場でのバカエピソードをはじめ、数々の破天荒な逸話でも知られるが、実は「ポルノ男優」として雑誌で「本番」を披露したことがあるのはご存知だろうか。

 しかも、時は1982年。「本番」どころか、まだヘアヌードすら解禁になっていない時代である。さらに、その記事では赤塚の口からタモリの下半身に関する暴露まで語られていた。ちなみに、カメラマンはアラーキーこと荒木経惟で、現場レポートは山本晋也カントク。巨匠たちが一堂に会した豪華な布陣である。

 その衝撃的な過去を掘り起こした、本サイトの発掘記事を再録するので、是非読んでみてほしい。
(編集部)

********************

 今年、2015年は『天才バカボン』『おそ松くん』『もーれつア太郎』『レッツラゴン』『ひみつのアッコちゃん』など、数々のヒット作を生み、現在でも「ギャグ漫画の王様」と讃えられる赤塚不二夫の生誕80周年にあたる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『おそ松さん』ブームに、『天才バカボン』ドラマ…再注目の赤塚不二夫がアラーキー撮影でポルノ男優をしていた仰天過去のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。おそ松さん天才バカボン田中 教赤塚不二夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
3 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
4 財務次官セクハラが海外メディアでも
5 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
6 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
9 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
10 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 上念司もケントと同様、加計の客員教授
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 麻生太郎が愛人の店に2360万円
18 小林麻耶がラジオで涙の本音吐露
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12吉野復興相秘書が復興事業で利益誘導
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14“土俵は女人禁制”は本当に伝統?
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!