>  >  > 安倍が日刊ゲンダイ持ち出しネトウヨ答弁

「日刊ゲンダイがあるんだから報道の自由は守られてる」とネトウヨ答弁した安倍首相に官邸の報道介入の実態を改めて突きつける!

【この記事のキーワード】,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_01_160118.jpg
自由民主党HPより


 詭弁はここまで極められるものなのか、と思わず感心しそうになった。無論、安倍晋三首相が昨日国会で述べた“仰天発言”の話だ。

 それは民主党の階猛議員の質問が発端だった。階議員は憲法21条「表現の自由」が、自民党憲法改正草案では制限がかけられていることを説明した上で、このように改憲されれば「国民、ひいては言論機関が萎縮して権力者の意向を忖度し、権力者の批判を控えるようになるのでは?」と質問。「現に今も安倍政権に批判的なテレビキャスターやコメンテーターが次々と番組を降板している」と、『NEWS23』(TBS)や『報道ステーション』(テレビ朝日)、『クローズアップ現代』(NHK)のキャスター降板劇を取り上げた。

 だが、安倍首相は「現在、まるで言論機関が萎縮しているかのような表現があったが、まったくしていない」と反論し、いつものニヤケ面を浮かべながら、こう言い出したのだ。

「きょう、帰りにでも日刊ゲンダイを読んでみてくださいよ(笑)。これがですね、萎縮している姿ですか?」

 おいおい、日本の代表的言論機関が日刊ゲンダイって、そりゃないだろう(失礼)。たしかに日刊ゲンダイは政権批判に力を入れているが、ここまではっきり批判を書いているメディアなんて、あとは、しんぶん赤旗と本サイトくらい。日刊ゲンダイ編集部も「日刊ゲンダイが自由に報道していることで、報道の自由全体が確保されているとの主張はあまりにもご都合主義ではないか」と安倍発言に対して反論コメントを出しているが、まったくその通りである。

 しかも、安倍首相はつづけてヒートアップして、こんなことまで口走っていた。

「萎縮はしないんですよ、毎晩の報道を観ていただければわかるように。それはですね、むしろ言論機関に対して失礼だ」
「萎縮している機関があるなら言っていただきたい」
「外国から誤解される恐れがある。まるでそんな国だと思われるわけでありますから」

 いや、「毎晩の報道」を観るかぎりNHKや日本テレビ、フジテレビなどは萎縮どころか、政権の代弁者と化しているし、気を吐いていた古舘伊知郎や膳場貴子キャスター、岸井成格は姿を消してしまうではないか。それに「外国から誤解される」と言うが、誤解でもなんでもなく“事実”だとわかっているから、昨年11月、国連の「表現の自由」特別報告者の来日を政府は中止させたのではないか。だいたい、「報道の自由ランキング」では民主党政権時の2010年は11位だったのに昨年は61位まで大幅ランクダウンしているが、これこそが海外から見た客観的な評価なのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
2 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
3 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
4 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
5 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
6 小保方氏の反論手記は真実なのか!
7 創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
9 上原亜衣は? AV女優の引退後
10 大森靖子「小6のときレイプされて」
11 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
12 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
13 次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
14 熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
15 能年、広末が出演拒否の過激映画
16 キムタク最大のタブーとは?
17 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
18 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
19 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
20 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
PR
PR
1東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
2明石家さんまが東京五輪開催を批判!
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5読売新聞がパナマ文書の企業を匿名に!
6ユニクロ柳井、ドンキ安田も税逃れ!
7『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
8東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
11創価学会で反安倍、反執行部クーデター
12高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
13木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
14沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
15次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
16山本太郎「日本会議に負けるな」
17舛添問題で石原良純が挙動不審に!
18安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
19日本が加害者の戦争映画は作れない?
20小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」