AKBシングルがついにミリオン割れ! もう「AKBはオワコン」なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akb_151220.jpg
新曲はミリオン突破ならず!アイドル・音楽業界の未来はどうなる?(「唇にBe My Baby」Type A)

 2015年12月21日付けのオリコン週間CDシングルランキングで、今月9日に発売されたAKB48の新曲「唇にBe My Baby」が90万5490枚の売り上げを記録。11年5月発売の「Everyday、カチューシャ」以来21作連続で更新し続けてきた初週ミリオン突破の記録が遂に途切れることになった。

「『唇にBe My Baby』の売り上げ成績が出たときに、『AKBのシングル総売上枚数がB’zを超えて歴代1位になった』とか、『秋元康が作詞したシングルの総売上が1億枚を超えた』といった景気の良いニュースが流れましたよね。こういった報道がいっせいに流れたのは、AKBの初週ミリオン突破記録が途切れたのを目立たせないよう、運営がメディアに働きかけたからだと言われています」(音楽関係者)

 AKBのシングル売り上げが下落し始めているのは、若手メンバーへの世代交代を押し進めているものの、それがうまく機能していないからだと言われている。来年3月に発売予定のAKB10周年記念のシングルには、前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子のOG4名の参加が決定。最盛期のメンバー投入で、途切れてしまった初週ミリオン突破の記録を再び取り戻そうと躍起だが、このことがますます世代交代を難しいものにするのではとファンからは疑問の声が漏れている。

 年の瀬に届けられたこのニュースが象徴しているように、今年は、AKBの人気が「停滞」から「衰退」にはっきりとフェイズが移った年と言える。そのことを何よりも端的に表しているのが「ライブ」である。

「会いに行けるアイドル」を標榜するAKBにとって、「ライブ」は最も大事な活動のひとつ。その「ライブ」の観客動員が今年ははっきりと下落した。国立競技場(キャパ6万人)や味の素スタジアム(キャパ5万人)、東京ドーム(キャパ5万人)などで大規模コンサートを行っていた昨年に対し、今年の大規模コンサートは最も大きな会場で、キャパ4万人のさいたまスーパーアリーナ。昨年に比べ1ランク下がった会場でしか行えなくなっている。

 しかも、そのさいたまスーパーアリーナ公演ですらチケット販売は難航した。AKBは3月と8月の2回さいたまスーパーアリーナでコンサートを開いているが、8月の公演は選抜常連の川栄李奈や、ベテランメンバーである倉持明日香の卒業公演にも関わらず直前までチケットが余っていた。また、3月に行われた若手メンバー中心のコンサート『AKB48ヤングメンバー全国ツアー~未来は今から作られる~』は、上層のブロックがまるまる閉鎖されるなど、これまでのAKBであれば考えられなかったような現象まで起こっている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AKBシングルがついにミリオン割れ! もう「AKBはオワコン」なのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画