“日本礼賛本”を捨て“弾丸海外旅行”に出よう! 偏狭な愛国主義に陥らないために週末バックパッカーのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
backpacker_151030_top.jpg
我妻弘崇『週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ』(星海社新書)

 ここ1、2年の間、テレビ業界で人気となっているのが海外から見た日本を取り上げる番組だ。TBS『所さんのニッポンの出番』、テレビ東京『YOUは何しに日本へ?』など、主に外国人が日本の文化を称賛する番組など日本文化の素晴らしさを訴えるパターンがほとんどだ。

 日本人が誰かに日本の文化の素晴らしさをアピールしてもらいたいという気持ちはわからなくはないが、しかし、最近の日本はあまりに内向きになっていないだろうか。

 世界中で難民問題が取り沙汰され、文化の多様性を受容すべき状況である今の時代に、首相から若者まで、みんながドメスティックな視点に閉じこもり、「日本は素晴らしい」と自己慰撫にふけっている様を見ていると、それこそ「日本人は大丈夫なのか」と心配になってくる。

 そんな中、ちょっとおもしろい本に出会った。頻繁にアジア圏を訪問しているライター・我妻弘崇氏の著書『週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ』(星海社新書)だ。

 同書が勧めているのは、週末プラス有給数日といった短期間で実行するバックパッカー、弾丸海外旅行だ。もちろん会社をやめる必要もない。バリバリに働いているビジネスパーソンが、働きながらにして、LCCなどを利用して、週末を費やして海外旅行することが、有益であると説いているのだ。

 しかし、ビジネスパーソンが弾丸海外旅行に行くことで、具体的にどんなメリットがあるのだろうか。同書では、このように説明されている。

「・徹底したスケジュール管理能力がつく
・限られた時間内で、目的を持つことの重要性を感じる
・目的を達成するための判断能力・情報収集能力が向上する
・交渉によって、コミュニケーション能力が高まる」(同書より、以下「」内同)

 短い期間で目的を達成し、時間通りに帰ってこなければいけない「弾丸海外旅行」は、予算や期間をきちんとマネージメントする必要があり、現地での臨機応変な行動も重要となる。それらを短い旅のなかで経験することで、おのずとビジネスパーソンとして成長することができる、ということらしい。たしかに、日本にいて、ダラっと日本を褒めているテレビ番組を見ているだけでは、到底これらのスキルを身につけることはできないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ (星海社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“日本礼賛本”を捨て“弾丸海外旅行”に出よう! 偏狭な愛国主義に陥らないために週末バックパッカーのススメのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。コミュニケーション田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも