「国会前が埋め尽くされている絵を撮らせるな!」…警察によるデモ隊過剰警備の背景に官邸の圧力が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
demo_150917_top_new.jpg
参加者の身を危険にさらしてもデモを小さく見せたい? この国が本当に守りたいものは国民の命なのか? それとも、別のものなのか?


 昨日16日に参院特別委員会で強行採決される見込みが強かった安保法制だが、野党が予想以上の抵抗を見せ、審議がどんどんずれこんでいる。

 野党の背中を押しているのは、やはり、国民の抗議行動だろう。新横浜では地方公聴会後に市民が身を挺したシットインを実行し、鴻池祥肇委員長が足止めを喰らった。国会前にも雨の中、3万 5千人(主催者発表)が集まり、深夜3時には駆けつけた女優の木内みどりもスピーチ。SEALDsは午前5時まで国会前でコールをつづけた。こうした抗議行動はこれからさらに広がり、大規模なものになっていくと思われる。

 しかし、気になるのが、ここにきて政府がデモの動きを力で抑え込もうとし始めていることだ。

 たとえば、昨日、国会前の反対デモでは、警察による明らかに異常な警備が行われていた。警察は夕方からデモの参加者を歩道に押し込めるために、機動隊の車両を何十台も並べ、二重の鉄柵を張り巡らし、警察官が何重にも人垣をつくって、車線を完全封鎖していた。

 だが、国会前へ押し寄せる人の数は時間を経るごとにどんどん増加。歩道と開放された車道だけでは押しつぶされそうになるほどだった。当然、体調不良を訴え、すし詰めとなった開放車道から出たいと申し出る人もいたが、警官が押し戻す。

 ときには警官隊が参加者を取り押さえようとし、その混乱であわや将棋倒しが起こりそうにもなった。明らかに危険な状態をつくり出しているのは、デモ参加者ではなく警察のほうだった。

 こうした警察による警備強化、強硬化は、最大規模の反対デモとなった8月30日以降のことだ。このときは、人数が膨れ上がったことから、安全確保のために比較的早い段階で車道を解放した。ところが、これに対して、警察当局が官邸から大目玉をくらったというのだ。

「8月30日は、国会前の車道を開放したことで、人が国会前を埋め尽くしてしまった。それを一部のテレビ局や新聞社が空撮して、大きく報じた。もうあんな絵は撮らせるなと官邸から警察当局に圧力がかかったようだ。デモ隊を歩道に押し込めておけば、街路樹で見えなくなるからね」(警察関係者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

民主主義ってなんだ?

  • 楽天ブックスの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「国会前が埋め尽くされている絵を撮らせるな!」…警察によるデモ隊過剰警備の背景に官邸の圧力が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画