「売れてる本」の取扱説明書②『家族という病』(下重暁子)

『家族という病』を読んで「少年A母親責任論」と安倍政権の「伝統的家族観」を考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kazokutoiuyamai_150712.jpg
『家族という病』(幻冬舎新書)

 元少年A『絶歌』の出版をめぐる議論のなかには付け焼き刃な正義も多かったが、その正義が、彼の家族に対してまで派生していく様は異様だった。朝のワイドショー『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で夜回り先生こと水谷修氏が「加害少年の親を裁くべき」と放言していて卒倒した。もちろん、そこに何の法的根拠などあるはずもないのだが、司会者や彼以外のコメンテーターも、その意見に反論することはしない。「こうなったら親を裁け!」という彼の主張は、社会の空気を代弁していたのだろうか。

「東洋経済ONLINE」は、ミセス・パンプキンなる書き手による「『絶歌』元少年Aの犯罪、原因は母親にあった?」という記事を掲載した。タイトルとして煽っただけかと思いきや、文章を通読してみても、「Aの親は、驚くほどに子供の異変に鈍感でした」「Aはいつも無表情で平然とウソをつくので、疑うのは難しいことなのですが、この時点でどうにかしていたら、淳君の事件は防げました」と、Aの家族関係をいたずらに分析し、原因は母親にあったと断言してみせるのだった。

 このところ新書ランキング上位に入り続けている下重暁子『家族という病』(幻冬舎新書)を遅ればせながら読んだ。下重は、神格化された家族など欺瞞であり、誰しも「枠の中で家族を演じてみせる。父・母・子供という役割を」としている。「家族団欒という幻想ではなく、一人ひとりの個人をとり戻すことが、ほんとうの家族を知る近道ではないか」との論旨にはひとまず頷かされる。「家族のことしか話題がない人はつまらない」「家族の話はしょせん自慢か愚痴」「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」という刺激的な見出しが並ぶ本書に対しては、ネット書店のレビューでは、伝統的な家族像を唯一の選択として信じ込んできた人たちからの酷評が並んでいる。

 下重が、多様化・複雑化する家族形態に対して丁寧に目を向けているわけではない。個人的な体験からのみ叱り続けており、さすがに説得力に欠ける部分も多い。個人的体験から叱り続ける、といえば、同じ幻冬舎新書で『人間にとって成熟とは何か』を記した曽野綾子だが、「出産した女性は会社を辞めなさい」といった妄言が教えてくれるように、彼女は旧来の家族観をどこまでも信奉している。その説教口調がウケたわけだが、下重は同様の説教口調を家族観の打破に使っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

家族という病 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『家族という病』を読んで「少年A母親責任論」と安倍政権の「伝統的家族観」を考えたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。「売れてる本」の取扱説明書武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画