『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shinjukusuwan_01_150620.jpg
映画『新宿スワン』公式サイトより


 園子温が監督、さらに、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介といった豪華俳優陣で映画化され話題沸騰の『新宿スワン』。

 この作品は、歌舞伎町で“スカウトマン”として働く主人公の奮闘を描いた作品であるが、ここで描かれている“スカウトマン”は、我々がその言葉から真っ先にイメージするような、モデル・アイドル・俳優などへの道を勧める“スカウトマン”ではない。

『新宿スワン』の主人公、白鳥龍彦らが日夜生業としているのは、女性を水商売・風俗・AVといった世界へと勧誘していく“スカウトマン”なのである。

 我々の日常からはあまりにもかけ離れていて想像もつかない“スカウトマン”だが、中村淳彦『日本の風俗嬢』(新潮社)では、ベールに包まれたその姿が詳しく語られている。

 まず、スカウトマンは基本的にスカウト会社に勤めている。その数は、大小合わせると、全国で200社以上、3,000人近くもの人がスカウトマンとして働いているという。

 そして、彼らの収入には、主に二つの形態がある。一つは、紹介女性が10~20日働いた後に発生する、支払い一回限りの“買い取り制”。そして、もう一つは、女性の稼いだ総売り上げの10~15%を、彼女が働き続ける限り永久歩合で支払われ続ける“スカウトバック”である。
 
 キャバクラは買い取り制、性風俗は永久歩合のスカウトバックを採用していることが多い。

 性風俗の業界が永久歩合の給与体系を取るのには理由がある。それは、女の子の離職を防ぐためだ。

 性風俗の仕事は精神的にも肉体的にも、とても大変な仕事。そのうえ、もともとメンタル面が弱い人も多いので、とにかく離職しやすい。そこで、スカウトマンにそうならないようにアフターケアさせるために、永久歩合のスカウトバック方式を取るのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新宿スワン(1) (ヤンマガKCスペシャル)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹水商売の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
3 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
4 財務次官セクハラが海外メディアでも
5 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
6 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
9 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
10 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 上念司もケントと同様、加計の客員教授
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 麻生太郎が愛人の店に2360万円
18 小林麻耶がラジオで涙の本音吐露
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12吉野復興相秘書が復興事業で利益誘導
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14“土俵は女人禁制”は本当に伝統?
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!