「大阪都構想」住民投票直前 特別企画

橋下徹の大阪都構想に106人の専門家が反対の声をあげた!「催眠商法」「まやかし」との批判も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oosakatokoushou_01_150511.jpg
「大阪都構想」公式ホームページより、動画でアピールする橋下徹・大阪市長


 大阪市を廃止し5つの特別区に分割する、いわゆる「大阪都構想」の住民投票が5月17日に迫ってきた。だが、投票権を持つ大阪市民にすら構想の中身や住民投票の意味が正確に理解されているとは言いがたい。

「大阪都になれば、府と市の二重行政は解消され、自治は拡充し、東京のように都市開発と企業誘致が進んで経済発展する」というようなもっともらしいストーリーばかりが、橋下徹大阪市長以下、維新の党やその支持者によってしきりに広められている。

 しかし、上記はウソと希望的観測で塗り固められたプロパガンダにすぎない。それどころか、126年の歴史をもつ人口269万人の政令指定都市はいま、「戦後最大の詐欺」「催眠商法」とも形容される悪質なやり口によって、存亡の危機に瀕しているといっていい。

 いったい「都構想」とは何であり、どういう経緯をたどり、どこに問題があるのか。なぜここまで誤ったイメージが流布してきたのか。検証してみたい。

■橋下の思いつきで始まり、官邸の介入で復活した「大阪市解体プラン」

 橋下は2008年2月に府知事に就任しているが、当初は都制度に否定的だった。翌09年3月の「大阪発“地方分権改革”ビジョン」では「市町村優先を徹底し、遅くとも平成30年には、関西州を実現し、大阪府を発展的に解消する」と、市ではなく、むしろ府をなくす方向に向いていた。それが豹変したのは10年1月。府と市の「二重行政」の象徴とされた水道事業統合の頓挫──当時市長だった平松邦夫は、府下の他市町から反対された橋下が収めきれず、一方的に合意を破棄したと語っている──がきっかけとされる。

「競争する行政体になるためには、大阪府ぐらいのエリアで誰か1人が指揮官になり、財布を一つにしてやっていかなきゃいけない」「東京都の23区を例にしながら、280万のところ(※発言ママ。大阪市のこと)に公選で選ばれた長一人というのはいびつだということを市民に提示したい」と会見でぶち上げ、以後、「都構想」と称して熱中していくわけだが、その過程で橋下の本音と取れる発言がいくつも顔を出す。有名なのは11年6月、政治資金パーティーでの発言。その秋に想定されていた知事・市長のダブル選挙へ向け、大阪市役所に「抵抗勢力」のレッテルを貼って、こんなことを言っている。

「大阪市が持っている権限、力、お金をむしり取る」
「今の日本の政治で一番重要なのは独裁。独裁と言われるぐらいの力だ」
「大阪市も大阪府も白紙にする。話し合いで決まるわけない。選挙で決める」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書 1020)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

橋下徹の大阪都構想に106人の専門家が反対の声をあげた!「催眠商法」「まやかし」との批判ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安福 泉政治家橋下徹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
2 松居一代報道にホリプロが圧力!
3 安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
4 相模原事件から1年、事件の背景を問う
5 安倍は加計の新学部を自ら発案していた
6 自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
7 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
8 横浜市長選で問われる第二の家計問題
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
12 安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
13 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
14 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
15 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
16 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
17 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
18 自民党ネトサポが「植松容疑者は正論」
19 ネトサポの親玉が愛人に告発された
20 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1自民党HIPHOPポスターに怒りの声
2安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
4横浜市長選で問われる第二の家計問題
5安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
6青山繁晴が教祖化、伝説とアート
7日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
8山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
9安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
10自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
11坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
12ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
13松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
14稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
15『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
16安倍首相の体調悪化は本当なのか?
17松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
18青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
19有田芳生が蓮舫戸籍公開問題に緊急寄稿
20菅官房長官が領収書公開隠蔽を指示
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」