ベネッセ事件は必然だった?「SE」という仕事のブラックな実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
SE_140801.jpg
『会社じゃ言えないSEのホンネ話』(きたみりゅうじ/幻冬舎文庫)

 約2260万人の顧客情報が流出したベネッセコーポレーションの事件。容疑者として逮捕されたのは外部のシステム会社から派遣されていたSE(システムエンジニア)だった。当然ながら犯罪行為は許されることではないが、一方で、「SEがああいう犯行をしてしまう気持ちはわかる」「SEが犯人と聞いてちょっと同情したくなった」という声が噴き出てきている。

 いったいどういうことか。そのヒントが、SEの実態を描いた『会社じゃ言えないSEのホンネ話』(きたみりゅうじ/幻冬舎文庫)という本に載っていた。SEというと、世間一般にとっては高度な専門知識を持った頭脳労働者というイメージだが、その内幕は「最先端技術を駆使する肉体労働者」なのだという。

「僕らは非常識の中で生きている」と断言する著者自身、プログラムの知識など一切なかった社会人1年目に、「おまえは今日からキャリア三年目の技術者だ」とウソの経歴を強要されて、外部の研究所に派遣された(しかも他社の名刺を持って)ことがキャリアのスタートだったというから、この世界の怖さがよく分かる。

 実際、その労働環境は劣悪だ。アップルやグーグルといった大企業の正社員ならともかく、SEが働くほとんどは中小のシステム会社やベンチャーで、大企業の下請けも珍しくない。経営に余裕がないため、ムチャなプロジェクトを受注して、ほとんど不可能なスケジュールが組まれると、そのしわ寄せは現場のSEに降りかかってくることになる。
 SEの世界では、スケジュールや予算を決めるための仕事量の単位として「人月」という単位が使われる。一人の人間が一ヶ月働いた時の作業量のことだが、このベースは「一日8時間、一月20日」というドンブリ勘定になっているため、その月に祝日が一日あるだけでスケジュールに遅れが出てしまう。また個々の能力にバラつきがあると、できる人間ほど仕事を抱えることになる。
 それでも納期通り、かつ予算内で開発を終わらせるためにはサービス残業をせざるをえず、「連日、会社に泊り込んでの作業になるため、オフィスで事務椅子を並べて眠ることが当たり前」となり、その徹夜も「さして苦痛ではない」というほど慣れてしまうという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ベネッセ事件は必然だった?「SE」という仕事のブラックな実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SEブラック企業ベネッセの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも