櫻井翔の歴代彼女は…暴露本が明かした嵐メンバーの意外な恋愛事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
arashi_01_150416.jpg
モテモテ嵐の5人だが…大野くんの“アレ”は?


 今月17日に発売された、嵐の暴露本『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)。嵐の“元側近”とされる人物が嵐の知られざる素顔を明かし、ファンに動揺を与えている。本サイトでも先日、本書で描かれている嵐の不仲ぶりを紹介したが、ファンからは「知りたくなかった……」「本を読んで嵐の本当の姿を確かめたくなった」という声が聞かれた。

 だが、ファンにとってもっとも気になるのが、メンバーの恋愛事情だろう。じつはこの本では、メンバーの恋愛エピソードから女性の嗜好まで、事細かに公開されているのだ。

 たとえば、「嵐でいちばんというくらい女の子に興味がある」といわれるのが、二宮和也。8枚目のシングル「ナイスな心意気」のPV撮影現場ではエキストラの女の子をスタッフを通じてナンパしようとしたり、ティーンのころにアイドルタレントと交際し、メールのタイトルに付けた「♥」マークを返信するたびに増やしたりと、かなりのマメさ。コンサートで披露する自作詞のソロ曲などは「聴く人が聴けばわかってしまう」ほど、そのとき付き合っている彼女への思いを綴っていたらしい。

 ただ、よほどの肉食なのか、「国民的アイドルグループのエースと付き合ったあと、その子に別のメンバーを紹介してとお願い」したこともあるという。当時の国民的アイドルグループといえばモーニング娘。以外には考えられないし、実際、二宮と後藤真希の2ショット写真が流出したこともある。この後藤と思しき元カノは、当然、二宮の依頼を断ったというが、あまりにデリカシーがなさすぎる話ではある。ちなみに二宮が紹介してほしかったというメンバーは「グループのなかでも、『お嬢さま』系」。「本人も親も恋愛に対して堅い考えをしている」というのが、紹介を断られた理由であるらしい。

 一方、本書では「美脚で知られるアイドル女優と仲よくなったとき」のエピソードにも触れられている。これは明らかに長澤まさみのことを指していると思われるが、二宮はこんな愚痴をこぼしていたという。

「なんか、俺の名前をいつも間違えるんだよね、向こうが」

 二宮によると、彼女は「成宮くん、……あ、二宮くん」と言い直していたという。長澤は映画『深呼吸の必要』で成宮寛貴と共演しているが、まさかトップアイドルのニノに対して名前を言い間違えるとは。長澤まさみ、恐るべしである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嵐、ブレイク前夜

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

櫻井翔の歴代彼女は…暴露本が明かした嵐メンバーの意外な恋愛事情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ暴露本本田コッペ櫻井翔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画