キムタク新ドラマに不安の声が殺到!「テレ朝の食堂、肉が少ないけど、木村くん大丈夫?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_01_150416.jpg
テレビ朝日『アイムホーム』番組サイトより


 ついに本日からスタートする、木村拓哉の新ドラマ『アイムホーム』。これまでフジテレビとTBSでしか連続ドラマ主演を張ってこなかった木村が、好調のテレビ朝日木21枠に乗り換えたことで話題を呼んでいるが、木村自身、「気分は転校生」(角川書店「月刊テレビジョン」5月号より)らしい。

 が、戸惑っているのは、転校生の木村以上に、周りの人びとであるようだ。

「テレ朝さんは、食堂すらSMAPの特番のときに一度食べたくらいで。この前、沢村一樹さんにどんな感じかお伺いしたら『肉が少ないけど大丈夫かな? 木村くん』ってすごく心配してくれて」(同上)

 撮影現場やスタッフの問題より、肉の心配……? いかにも木村に気遣う周囲の恐々とした心情が透けて見えそうな話だが、木村は「でも何せ場所がギロッポン(=六本木)でしょ。待ち時間があったらヤバイですよ。いつも埋め立て地(フジテレビ)か山(TBSの撮影スタジオ)のどちらかでしか撮影してこなかったんで…。山は食堂はうまいんですけどね、ゴルフくらいしかやることないんです(笑)」と余裕の返事。しかし、新ドラマにもっともプレッシャーを感じているのは、いうまでもなく木村本人だろう。木村は『アイムホーム』にかける意気込みをこう語る。

「前評判はいろいろ聞くので、皆さんが今回の役に設定するハードルは、自分で考えるのより高いんだなって感じています。それはまず間違いない」(同上)

 いつもは自信たっぷりな木村が、この慎重な発言。事実、今回の『アイムホーム』で木村はホームドラマでは初の父親役を演じるが、「いままでのイメージのせいか、お父さんって感じがしない」「家庭の生活臭とかキムタクが出せるの?」と、放送前から違和感を感じている人も少なくない。しかも今回の役どころは、記憶喪失になり、現妻と子どもの顔が仮面に見えてしまうという難しいものだ。

 ただ、木村が記憶喪失の役を演じるのは、今回が初めてではない。人気絶頂だった1997年に主演した『ギフト』(フジテレビ系)でも、木村は“届けること”に異様な執着をもつ記憶喪失の青年を演じている。『アイムホーム』では“謎の10本の鍵”を通して失った記憶と対峙していくことを考えると、届け屋をすることで記憶が甦っていく『ギフト』とは共通する部分もある。しかし、この『ギフト』、ドラマファンのあいだでは評価も高かったが、視聴率は平均18.2%と“20%越えは当然”といわれる木村の主演作のなかでは低めに終わった。さらに不幸なことに、作中に登場したバタフライナイフが当時発生した中学生による教師殺傷事件に影響を与えたとして社会問題化し、いまもDVD化されていない“黒歴史作品”となっている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アイムホーム 上 (ビッグコミックススペシャル)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

キムタク新ドラマに不安の声が殺到!「テレ朝の食堂、肉が少ないけど、木村くん大丈夫?」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アイムホームテレビ朝日大方 草家族木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画