浮気、即、妊娠の広末涼子も?「女にはもともと浮気して子供を産みたい本能がある」の珍理論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「メスが現実につがうのは、たいていの場合には理想とかけ離れた、中か中の下くらいのオスである。それでもつがうのは、取り敢えずのところ巣作りに協力するオス、子の面倒を見てくれるオスが必要だからだ」

 まずは自分の居場所と庇護者を確保する。それが平凡な男との結婚だ。しかし本能は恐ろしい。それでも優れたオスの子どもが欲しい。そこで浮気が横行する。だが恐ろしいのはここからだ。

「誰もが理想の相手と結婚できるわけではない。そして結婚とはそもそもEPCをし、EPCの結果の子をダンナに育てさせるための方便に過ぎない。もし“いい男”の子どもを宿したとしても、その子を育てるのに協力してくれる夫がいなければ、いったいどうしようというのだろう?」

 浮気相手の優れた子どもを、ダメ夫に育てさせる──。なんとなく理に適っているような。そして本書では動物だけでなく人間の女性の恐ろしき生態にも迫っていく。

 それは女性の浮気行動についてのある調査結果だ。イギリス人女性3000人以上を対象にアンケート調査を行ったところ、女性が浮気に積極的になるのは30歳以降、夫との間に2〜3人の子どもをなしてからだという結果となったという。なぜか? そこには前述の鳥のメスと同様、人間女性の巧妙な作戦が存在すると著者は分析する。

「ダンナとの間に子が二人、三人、それ以上いるとしたら、どうだろう。それだけの既成事実があれば、そろそろ大丈夫かもしれない。たとえEPCの結果、子ができ、それがダンナにバレたとしても、彼は今やがんじがらめの状態である。妻と子を遺棄しようにも、自分の子までもが多数巻き添えをくらってしまう。仮に実の子だけを残し、妻と不義の子を追い出すにしても、残された子の面倒を誰が見るのか。もはやどうしようもないのである。彼としてはおとなしく振る舞う。家庭に波風を立てぬよう、その不義の子の面倒までをも見ることが最善の策ということになるのである。女の狙いはそこにある。女はその日が来るのを首を長くして待ち続けていたのだ」

 つまり女は、来るべき時に備え冴えない男と結婚し、そして浮気をするということなのか。子どもの養育を保証してくれる男を結婚でキープし、その後、優秀な遺伝子を残すために浮気する。そして浮気相手の子どもを夫に養育させる。なんと巧妙で長期的な作戦なのだろう!

 まあ、人間の恋愛や行動をすべて動物の行動にあてはめて解説する竹内久美子氏の分析はかなりトンデモな部分もあり、鵜呑みにするわけにはいかない。というか、そもそも、広末夫妻がこれに当てはまるという証拠もまったくない。

 しかし、「メスのEPC」理論は少なくとも女の武器としては使えそうだ。男はよく「男というのは浮気をする動物だから」と言い訳するが、これからは女性も浮気がバレた時、「ダメ夫を持つメスがイケメンと浮気をするのは動物行動学的に理に適っているのよ」と強弁してやればいい。
(林グンマ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

浮気がバレる男、バレない女

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

浮気、即、妊娠の広末涼子も?「女にはもともと浮気して子供を産みたい本能がある」の珍理論のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐藤健女性セブン広末涼子林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
2 是枝監督の次回作は戦時中の満洲が舞台?
3 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
4 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
5 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
6 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
7 加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
8 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
9 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
10 高プロ法案の強行採決を許すな!
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
13 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
16 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
17 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
18 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20是枝監督の次回作は戦時中の満洲が舞台?
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?