>  >  > 宇野常寛がハマるAKB横山由依

宇野常寛の異常な「AKB横山由依」推しはサブカル男子の“こじらせ女性観”丸出しだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yokoyamayui_01_150227.jpg
横山由依ファースト写真集『ゆいはん』(学研マーケティング)

 今月初旬、AKB48のメンバーである横山由依のファースト写真集『ゆいはん』(学研マーケティング)が発売された。横山といえば、昨年、高橋みなみから次期総監督に指名された注目の人物。この写真集の売り上げで存在感を見せたいところだったが、初週の売り上げは1万7000部。出版不況を考えれば十分な数字だが、後に発売されたNMB48・山本彩の2nd写真集『SY』(ワニブックス)が初週で4万2799部を記録したことや、昨年SKEからAKBへ移籍した木崎ゆりあのファースト写真集『ぴーす』(徳間書店)が横山とほぼ同数の1万6866部だったことを考えると、いささか寂しい数字と言わざるを得ない。

 この写真集の売り上げと同様に、2014年の第6回選抜総選挙では13年につづいて同じく13位で、なかなか大きなブレイクを果たせずにいる。一般知名度でいえば、“総選挙で泣き崩れ、足をブルブル震わせていた女の子”といった印象がいまだに強いのではないだろうか。

 だが、そんな彼女を猛烈に推す有名人がいる。評論家の宇野常寛だ。宇野は横山を「世界の真実」と呼ぶ熱狂的ファンで、握手会では横山レーンで宇野の姿が目撃されることもしばしば。昨年の総選挙前には横山11位に予想し、〈結局は民主主義では計れない絶対的な美の存在について歴史は彼女から学ぶのだろうが〉〈関係ないけれどツイッターの「横山由依ちゃんもぐもぐbot」は彼女がものをたべている映像の画面キャプチャーをひたすらアップしているのだが、あれはほんとうに癒やされるので国宝に指定すべきだろう〉と、ネタなのか本気なのか判断できないコメントを残している。

 また、自身が編集長を務める「PLANETS」VOL.8でも横山を表紙に抜擢。当然、横山へのインタビューも自ら行い、横山が2012年にNMBとの兼任が発表されたときのことを「僕も一瞬、これを機に京都に帰って雅な生活を送るべきなんじゃないかって真剣に思いましたね」と本人を前に告白。これには横山も「え、宇野さんがですか。京都に(笑)?」と引き気味だが、宇野は構わず「高田馬場に事務所があって、人も雇っているんだけどほら、世界にはSkypeとかあるじゃないですか。だからなんとかなるかな、とか、僕にとって現代の情報技術はこのために進化したんじゃないかな……(後略)」と暴走。この宇野の横山推しは、現在も変わっていないようだ。

 一応、世間的には若手論客として脚光を浴びている彼が、ここまで横山に惹かれる理由とは何か。多くの人にとってはどうでもいい話だと思うが、ここで少し考えてみたい。というのも、ここから宇野の──あるいは彼と同じようなメンタリティを抱える30代サブカル男子たちの──“こじらせた女性観”が浮き彫りになるようにも思うからだ。

 まず、そのためには横山の魅力を語る必要があるだろう。たとえば、横山がいつも前面に打ち出しているのは、「はんなり」というキーワードだ。京都出身の京女であるため、出演している缶コーヒー「WANDA」のCMでも京都弁を披露し、関西テレビでは深夜に月1で『横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記』というレギュラー旅番組ももっている。ビジュアルの黒髪ロングヘアも相まって、いかにもおっさんウケがよさそうではある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本文化の論点 (ちくま新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
2 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3 アパ代表「ユダヤ陰謀論」
4 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
5 南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
6 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
7 たけしがフジとジャニーズに皮肉
8 米山新潟知事が語った共謀罪と原発
9 安倍はトランプにFTAを要求されてた
10 ジャニーズがフジテレビの人事を左右
11 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
14 濱野智史の公開生謝罪に違和感の声
15 ジャニーズが“2.5次元”に危機感
16 小藪千豊が清水富美加を仏教的と絶賛
17 清水富美加と「カルト信者の子」問題
18 清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
19 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
20 “撮影NGの街”飛田新地の裏側
PR
PR
1りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
2たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
5「おしどりマコ」の原発取材
6稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
7国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
8安倍政権が原発被災者を強制送還
9安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10長谷川豊擁立で維新の本質が明らかに!
11安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
12安倍はトランプにFTAを要求されてた
13稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
14山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
15安倍とトランプが反マスコミで意気投合
16オスプレイ・フライトマニュアルの中身
17室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
18ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
19生前退位ヒアリングメンバーが政権批判
20米山新潟知事が語った共謀罪と原発
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」