>  >  > メリーが飯島に激怒!ジャニーズ派閥で

「SMAPは出て行け!」ジャニーズ派閥問題でメリー喜多川が飯島マネを公開説教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
johnnys_01_140817.jpg
派閥問題に急展開が!!


 本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)1月29日号に、芸能界を震撼させる衝撃的なインタビューが掲載された。「文春」の独占取材に応じているのは、あのジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川氏。ジャニー喜多川社長の実姉で、ジャニー氏とともにジャニーズ事務所を築き上げてきた“女帝”だ。なんとこのインタビューでメリー氏は、近年ジャニーズファンのあいだで噂されてきた“派閥問題”に踏み込み、そればかりかSMAPのチーフマネージャー・飯島三智氏と“直接対決”を繰り広げているのだ。

 これまで本サイトでも報じてきたが、現在、ジャニーズ事務所では、メリー氏の長女でありジャニー氏の姪にあたる藤島ジュリー景子氏率いる“ジュリー派”と、SMAPを育て上げた飯島氏による“飯島派”という二大派閥に分裂していると目されてきた。具体名を挙げると、ジュリー派に属するのは、TOKIO、嵐、V6、関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWS、Hey! Say! JUMP。飯島派はSMAPを筆頭に、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、山下智久、A.B.C-Z、中山優馬ら。KinKi Kidsとタッキー&翼はジャニー氏の直轄と見られている。

 しかも、この派閥争いは事務所内部の問題にとどまらず、テレビでのキャスティングにまで影響。ドラマはもちろんバラエティでも、たとえば今週放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)のゲストがKAT-TUNの亀梨和也であったり、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)をはじめSMAPの番組にKis-My-Ft2が頻繁に出演しているように、同一派閥、あるいは“中立”であるジャニー派との共演しか目にできなかった。例外的に、昨年12月に放送された『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、近藤真彦のデビュー35周年ということもあり派閥の垣根を越えてタレントたちが同じステージに立ったが、それでも個別のコラボレーションは同一派閥で固めるという徹底ぶりだった。

 誰の目にもあきらかな、ジュリー派vs.飯島派の対立。この激化の一途をたどる争いは、たんなる派閥問題に留まらない。そう、高齢であるジャニー氏とメリー氏の引退後にどちらが後継者となるかという“次期社長の座を争う確執”だと思われてきたのだ。

 しかし、メリー氏は今回のインタビューで、“派閥”の存在そのものを真っ向から否定。さらに、娘であるジュリーこそが「次期社長」であると明言したのだ。

 これだけでも超ド級のスクープだが、話はこれで終わらない。メリー氏は取材の最中に「いま飯島を呼んで」と事務所スタッフに指示。現れた飯島氏を前に、こう言い放つのだ。

「飯島、私はこう言いますよ。『あんた、文春さんがはっきり聞いているんだから、対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい』と言いますよ」
「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない」

 ──まさしく女帝の迫力。メリー氏はこの後も飯島氏を詰問し続けるのだが、そのすごみに記事を読んでいるだけで震え上がりそうになるほど。普段はテレビ局関係者などに恐れられているはずの飯島氏も、完全に“蛇に睨まれた蛙”状態。この記事ではっきりしたのは、後継者の問題だけでなく、メリー氏は飯島氏のことを心の底から快く思っていない、ということだろう。

この記事に関する本・雑誌

メリーさんが出たよ。(桜ノ杜ぶんこ)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
2 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
3 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
4 ファンキーがW不倫後初の雑誌対談で…
5 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
6 NEWS加藤がSEALDsに賛同!
7 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
8 大手メディア参院選情勢調査の結果は
9 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12 田崎史郎が室井佑月に逆ギレ
13 自民党のオバマ利用“違法CM”の顛末
14 X JAPAN、TAIJIの死の謎
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
17 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
18 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
19 小林麻耶、乳がんの妹・麻央への思い
20 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
PR
PR
1フジロックに政治を持ち込むなというバカ
2安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
3参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
4稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
5報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
6山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
7安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
8「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
9NHKディレクターが語る原発報道圧力
10大手メディア参院選情勢調査の結果は
11党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
12広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
13五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
14田崎史郎に自民党が政党交付金から金
15安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
16百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
17NEWS加藤がSEALDsに賛同!
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
20日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」