下ネタ好き、ゲイ疑惑…テレビが語らない高倉健の“意外な一面”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakuraken_141121.jpg
寡黙で誠実なイメージの健さんにも意外な一面が(画像は『高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX』)

「最後のスター」と呼ばれた俳優・高倉健が亡くなって以来、テレビやスポーツ紙では健さんの感動秘話が数多く語られている。寡黙で情に厚く誠実、だれにでも分け隔てなく接する人──これがきっと、健さんのオフィシャルイメージではないだろうか。

 だが、健さんにはそんな世間一般のイメージとは違う顔もあったようだ。ひねくれ者の本サイトとしては、そのイメージとは違う部分にスポットを当てて、いくつかのエピソードを紹介していきたい。


●「馬用の下剤を飲ませて…」度が過ぎるいたずらがすごい!
 
 インタビューでは「自分ではわりと器用に生きてるつもり」とよく答えていた健さん。実際は結構おしゃべりで、お茶目な部分も多々あった。たとえば、1994年に当時14年振りとなるラジオ出演をした際は、「こんばんは、緒形拳です」と自己紹介。高田純次の「こんにちは、アンジェリーナ・ジョリーです」より早く“無責任芸”を見せていたとは恐れ入る。

 また、健さんのエッセイ集『あなたに褒められたくて』(集英社/91年)によれば、健さんは端役の役者に数々のいたずらを仕掛けたというが、その中身がすごい。「前歯にマジックを塗ってお歯黒にする」「脱毛クリームで眉毛を落とす」……このあたりまではまだかわいいものだが、「スプレー式の麻酔薬を吹きかける」だの「馬用の下剤を飲ませて、トイレを全て占領する」だの「ありったけの胡椒を入れた胡椒風呂に入らせる」といった具合に、その手の込みようと内容はエゲつない。ここまでくると、お茶目というより“健さんドS説”を疑ってしまいそうだ。


●驚きの自慰行為、童貞喪失、ソープ体験…じつは下ネタ好きだった!?

 おしゃべり好きだった健さんは、インタビューや対談でもサービス精神旺盛。しかも想像に難しいが、じつは“下ネタ発言”も多く、前述のラジオ出演時には、明治大学2年生のときに故郷の福岡の遊郭で童貞を捨てたことをカミングアウトしている。

 さらに、「週刊文春」(文芸春秋)で98年に阿川佐和子と対談した際には、高校時代の話の最中にいきなり「タバコ吸ったり、マスターベーション教わったり。お寺の本堂で、十人ぐらい並んでマスターベーションするんです」と、特殊な自慰経験談を披露。これには阿川も「お寺の本堂でェ!?」と驚くしかなく、「十人もいると、気が散ったりしないんですか」と質問したが、健さんの回答は「いや、青春のときは気が散るもへちまもないですよね」だった。

 しかも、『檀ふみのほろ酔い対談』(潮出版社/87年)では、健さんはソープランド経験にまで踏み込んでいる。こちらも檀は風俗の話など振っていないのに健さん自らが口火を切り、「昔、一度だけ行って、ひどい目にあったことありますよ」と告白。なんでも監督の機嫌が悪く、「みんなで女のいるところへ行こう」となり、同行したそう。ところが健さんのお相手として現れた女性は「僕の郷里の出身で、お母さんをよく知ってますって。それでこっちはその気がまったくなくなっちゃってね」。結局、ソープ体験は未遂に終わってしまい、「以来、どんなにいいとこがあるといわれても絶対に行かない。(笑)」と答えている。

 ところで、このような下ネタを女性の対談相手に自分から暴露しておいて、健さんは最後にひと言、「なんでこんな話になっちゃったのかな?」。健さん、そりゃないよ!

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

高倉 健 Blu-ray COLLECTION BOX【次回入荷予約】(Blu-ray Disc)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

下ネタ好き、ゲイ疑惑…テレビが語らない高倉健の“意外な一面”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ギャップサニーうどんスターの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
4 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
5 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 マツコが小池百合子にNG発言の理由
12 加計学園で設置審委員が内情暴露!
13 星野源が考える“新しい家族”とは
14 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
17 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
18 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
11義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
12萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」