「壁ドン」の次は「顎クイ」がブーム! 進化する女子の妄想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ayaseharuka_01_141015.jpg
ドラマでも顎クイが見られる?(日本テレビ『きょうは会社を休みます。』番組サイトより)


 今年、大ブームとなった“壁ドン”。マンガのなかの女子たちのあこがれシチュエーションだった“壁ドン”は、『近キョリ恋愛』『クローバー』といった少女マンガ原作の恋愛映画や、『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)などのドラマでも多用。その人気は留まるところを知らず、なんとついに、実際に壁ドンされる体験イベントがあちこちで開かれているほど。9月に開催された「東京ゲームショウ2014」でも壁ドン体験ができるブースが設けられ、長蛇の列をなすほどの大盛況となった。

 さらに、“壁ドン”は進化し、壁際にいる女の子の足の間に膝を割り込ませる“股ドン”に、両手両足で壁に張り付く“蝉ドン”など、さまざまな派生形が誕生。なかでも人気なのが、“床ドン”。もはや単に押し倒しているだけとしか思えないが、『アオハライド』(集英社)や『L♡DK』(講談社)といった人気少女マンガ作品でも、女子たちがもだえる“床ドン”シーンがぞくぞくと生み出されている。

 しかし、“壁ドン”につづいて新たなブームとなりそうなのが、ほかにある。それは、“顎クイ”だ。

  “顎クイ”とは、ご想像の通り、向かい合った女の子の顎をクイッと持ち上げるという行動。きっかけは、「Popteen」(角川春樹事務所)の人気モデル“まえのん”こと前田希美が、“壁ドン”につづく萌えシチュエーションとしてTwitterやYouTubeで紹介したこと。顎クイをされている、まえのんのかわいさも相まって、じわじわと流行りはじめているのだ。

 この“顎クイ”は、綾瀬はるか主演で人気を博しているドラマ『きょうは会社休みます。』の同名原作(藤村真理/集英社)にも登場している。“彼氏いない歴=年齢”のアラサーこじらせ女子OL・花笑が、試行錯誤しながらバイトの大学生・田之倉(ドラマでは福士蒼汰)と初めて付き合う様子を描いたこの作品。そこに花笑の会社の上の階に入っているイタリア食品会社のイケメンCEO・朝尾(ドラマでは玉木宏)が絡んで……といった物語だが、原作5巻で、そのシーンは登場する。それは、花笑が大切なお守りを拾ってくれた朝尾にお礼としてケーキをつくる約束をしたことを田之倉に報告する場面だ。

 朝尾にケーキをつくることに、田之倉が怒るかもと後悔し、あれこれ言い訳を並べる花笑。田之倉はそんな花笑をさえぎって、指で花笑の頬ごとムギュと潰し、「オレもケーキ喰いたい」と顎に手を当ててキスするのだ。──床ドンほどの強引さはないが、年下のかわいらしさも残しながら男らしさをアピールできる……どうやら“顎クイ”には、そんな効能があるらしい。福士蒼汰で実演される日がじつに楽しみである。

 また原作では、田之倉だけでなく朝尾の顎クイも見られる。薬を盛られて意識朦朧としていた花笑に付き添い、ホテルで田之倉が来るのを待っていた浅尾。そのとき、花笑を抱きしめ、顎を持ち上げキスしようとするのだが、すんでのところでやめる。無抵抗で無防備な相手に顎クイし、やめるという行動は、思いの真剣さや誠実さの表れでもあるので、普段は飄々としている朝尾がやると、そのギャップもあってより切なさが増すというもの。この切ないシーンを朝尾役の玉木宏がどう演じるのかにも注目したいところだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

きょうは会社休みます。 7 (マーガレットコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「壁ドン」の次は「顎クイ」がブーム! 進化する女子の妄想のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。壁ドン新語田口いなすの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも