>  >  > AKB運営が「フライデー」に激怒

米沢瑠美のヌード載せた「フライデー」にAKB運営が版権引き上げの恫喝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
friday_01_141105.jpg
「フライデー」14年11月14日号(講談社)

「フライデー」(講談社)とAKBといえば、スキャンダルを一切やらないかわりにメンバーの連載やグラビアを毎号のように掲載している御用雑誌の関係。だが、その「フライデー」が今、AKBの運営と大もめにもめているらしい。

 原因は11月14日号に袋とじヌードグラビア「元AKB48人気メンバー 衝撃の完全へアヌード!!」を掲載したことだった。この元AKB48メンバーというのは、初期の頃から活躍していた米沢瑠美。米沢は07年からAKB48のチームBやKで活躍、09年にはシングル選抜22位を獲得する人気メンバーだった。だが12年に男子との親しげな写真や飲酒を思わせる写真がツイッターで流出し、AKB脱退を余儀なくされる。その後は事務所も移り、舞台女優など細々と芸能活動を続けていたが、13年末からは移転した新事務所のHPプロフィールからも姿を消し、引退説も囁かれていた。

 そんな米沢が名前を変えて「フライデー」に登場。袋とじで乳首やヘアもさらすフルヌードになったのである。しかも、米沢は同号で表紙まで飾った。

 ところが、AKBの運営サイドはこれに激怒し、同号が発売されるや、「フライデー」と講談社に猛抗議を行ったのだという。

「『フライデー』編集部だけでなく、講談社の上層部にまでねじ込んだようです。その怒りは凄まじく、講談社発行の雑誌などへのメンバーの出演拒否だけでなく、既に刊行されたAKB関連書籍の版権をすべて引き上げるとまでいってきているようです」(AKBに詳しい週刊誌記者)

 AKBの抗議はそれだけでは済まなかった。講談社のグループ会社のキングレコードにも「フライデー」に圧力をかけるよう求め、「週刊文春」などごく一部を除いた多くのスポーツ紙や出版社などAKB御用媒体に「米沢のことについて今後一切触れるな。後追いするな」と箝口令を敷き、通達まで出したという。

 講談社はこの動きに震え上がったという。秋元康率いるAKBの運営会社AKSが各出版社に写真集やグラビア、連載、カレンダーなどのAKB利権を分配し、熱愛スキャンダルなどを封じ込めてきたのは有名な話だが、中でもその利権にもっとも浴してきたのが講談社だった。各種写真集に、単行本、グラビア、連載、そして公認の「総選挙ガイドブック」……。

「とくに、『総選挙ガイドブック』は億単位の金を稼ぎだすドル箱です。これを切られたら講談社としては大損害になる。そのため、編集幹部など関係者が次々とAKSに出向いて必死に謝罪したようです」(同前)

 その結果、版権引き上げは免れたというが、しばらくの間「フライデー」にはAKBのグラビアを一切掲載させないというペナルティが科せられることになったともいわれている。

この記事に関する本・雑誌

AKB48総選挙公式ガイドブック2014 (講談社 Mook)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 生前退位有識者会議メンバーが経歴詐称
2 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
3 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
4 安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
5 奈良県のロゴデザイン料はやっぱり高い
6 安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
7 高江でヘリパッド反対派排除に巨額税金
8 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
9 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
10 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
11 芸能界のドンが初めてインタビューに
12 文春が東京五輪を!電通元専務に金
13 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
14 キムタク最大のタブーとは?
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 湊かなえに続き筒井康隆も押切もえ揶揄
17 マツコが小池百合子にNG発言の理由
18 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
19 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
20 南京大虐殺世界遺産に安倍ヒステリー
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
8安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
9安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
10稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
11稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
12炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
13 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
14安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
15福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
16現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
17新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
18「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
20奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」