綾瀬はるか主演ドラマで話題! 急増中の高齢処女が見る夢とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ayaseharuka_01_141015.jpg
日本テレビ『きょうは会社を休みます。』番組サイトより


 小栗旬主演の『信長協奏曲』(フジテレビ系)や、関ジャニ∞丸山隆平主演の『地獄先生ぬ〜べ〜』(日本テレビ系)など、多彩な作品が揃った10月スタートのドラマ。中でも目玉といえるのが、綾瀬はるか主演の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)だ。同作は、マンガ家・藤村真理の同名作品の実写版で、綾瀬が“高齢処女”を演じることに話題が集まっている。7月期ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)で不倫する人妻を演じた上戸彩同様、キャスティングにばかり話題が集まっているが、この作品は昨今の女性マンガ界においてブームとなっている、高齢処女が主人公の作品として女性たちに支持されているのだ。

 主人公・花笑は、33歳の誕生日を迎えた高齢処女。誕生日の夜に行きがかり上、会社の飲み会で大学生アルバイト田野倉と酒を飲んでいるうちに記憶が飛び、目を覚ますと隣にはベッドで眠る田野倉の姿! ひと回り以上年下の田野倉との関係に不安を覚えつつも、勇気を振り絞って彼との交際をスタートさせた花笑は、年下とは思えないほどの包容力を持つ田野倉にどんどん魅かれ、恋愛の楽しさに目覚めて行く。

 花笑の場合は、学生のときに一度だけあった脱処女のチャンスを「門限」を理由に断ってしまい、その後チャンスが訪れなかったというパターン。真面目で不器用な花笑に共感する女性も多く、同作が支持を得ている理由でもあるだろう。

 一方、“女子をこじらせて”処女になってしまったのは、『エア彼』(大久保ヒロミ/講談社)の主人公リア。ハーフ・高身長・美人とモテ要素を持ち合わせているが、幼少のころのイジメゆえに自己肯定感が低く、男性がリアを見てときめいているのに、「クドい顔を思われている」と思いこむなど被害者意識が強い。それがゆえ、29歳になっても彼氏もおらず、彼女を慰めてくれるのは脳内彼氏のツトムくんだけ。勤めていた会社が吸収合併され、新社長となった男性に憧れるものの、リア本人はそれを「アレルギー」だと思い込む。そんな美人ゆえの悩みと周囲の人とのギャップが笑いを生み出し、こぎみよく進む物語が楽しい。

 高齢処女になるまいと奮闘する女性たちの姿を描くのは、『ヤらみそ〜ヤらずに三十路はだめですか?〜』(ながえ直/小学館)。処女のまま30歳を目前にしためぐみは、「今日最後に一緒にいた男とヤッてやる!!」と半ば開き直りの状態で、会社に出前にきたラーメン屋の男をターゲットに。あの手この手で迫るものの彼は鈍感で関係はなかなか進展せず……。脱処女を焦る女性たちの、理想と現実の間で右往左往する姿がリアルだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

綾瀬はるか主演ドラマで話題! 急増中の高齢処女が見る夢とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モテリア充江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画