村上春樹はノーベル文学賞にふさわしいのか? 地域差別問題も論議に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
haruki_01_140806.jpg
毎年のようにノーベル文学賞候補となる村上春樹だが、その作品性に疑問の声も?(画像は『女のいない男たち』文藝春秋)

 今年もこの季節がやってきた。ノーベル文学賞がいよいよ今晩発表される。ノーベル文学賞をめぐっては、村上春樹が受賞なるか、というのが風物詩となっている。ブックメーカーの倍率などをもとに、有力候補のひとりと毎年のように報道される。しかし、本当に村上春樹はノーベル文学賞にふさわしい作家なのだろうか。そんな疑問を抱かずにはいられない事件があった。

 今年4月に出版された春樹の短編集『女のいない男たち』に収録された「ドライブ・マイ・カー」。この短編小説は『文藝春秋』2013年12月号が初出だったのだが、ある騒動が起きたのをご記憶だろうか。

〈(みさきは)小さく短く息をつき、火のついた煙草をそのまま窓の外に弾いて捨てた。たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう〉

 という小説内の記述について中頓別町の町議が疑問を呈し、それを受け春樹側は単行本収録時に別の名前に変更することを表明。実際、単行本で問題の町名は「中頓別町」から架空の「十二滝町」に変更された。

 北海道中頓別町ではたばこのポイ捨てが「普通のこと」と表現したのは事実に反するとして、中頓別町議らが文芸春秋に質問状を送付。町議は「町にとって屈辱的な内容。見過ごせない」と話していた。

 この騒動にフィクションのなかの話なのに過剰反応では?という感想を抱いた読者も少なくなかったのではないだろうか。実際、この騒動が報道された後、中頓別町には抗議が殺到、町議のブログは炎上した。

 たとえば、夏目漱石は『坊ちゃん』で松山をぼろくそにけなしているし、志賀直哉の『城崎にて』は城崎で動物虐待が日常的に行われているように描かれているではないか、というような論もあった。

 しかし、文芸評論家の斎藤美奈子は、こうした作品と今回の中頓別町問題とは根本的にちがうと指摘。この騒動と村上春樹という作家の特質について興味深い論考を「早稲田文学」2014年秋号に寄せている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

早稲田文学 2014年秋号 (単行本)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

村上春樹はノーベル文学賞にふさわしいのか? 地域差別問題も論議にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学村上春樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
2 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
3 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
4 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
5 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
6 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
7 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
8 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
9 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
10 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
12 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
15 安倍、森友加計問題の説明する気なし
16 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
17 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
20 高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17希望の党候補に性的関係強要の過去!
18長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」