中川翔子“長期炎上”はネットいじめだ!背後にオタク芸能人への反感も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakagawashouko_01_141004.jpg
中川翔子オフィシャルブログ「しょこたんぶろぐ」より


 ネット上での中川翔子へのバッシングが、なかなかおさまらずにいる。テレビには元気そうに出演しているので「なにをバッシングされているの?」と不思議に思う人も多いかもしれないが、ネット上ではすでに1カ月半にわたって批判が巻き起こりつづけているのだ。

 ことの発端は、8月14日に中川がTwitterでつぶやいたひと言だった。

「保健所に連れて行くなっ」。──これは、4匹の捨て猫を飼ってくれる人を探していた女子大学生が、2匹の里親を見つけることができず、やむなく保健所に連れて行ったことをTwitter上で報告したことに対して、中川が反応したつぶやきだった。中川はすぐに「言葉遣いが悪かったです申し訳ない。が、保健所に連れて行くとガスで殺処分されるんです。」と、言い方がきつすぎたことへの謝罪と、猫が殺処分されないための保護活動の必要性を訴えた。だが、フォロワーが35万人超える影響力をもつ中川が“一般人を晒した”ことに対する批判は止むことがなかった。

 しかも、この“猫問題”をきっかけに中川への追及は拡大。ネット民たちの“調査”により、中川が猫の保護を訴える一方で、自身のブランド「mmts」で過去にリアルファー製品を取り扱っていたという疑惑がもちあがったのだ。なかには中川が以前、ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』でヒロインの声優をつとめ、「mmts」でもコラボ商品を展開していたことから、毛皮製品を取り扱わない方針を打ち出しているディズニーに“凸る”(突撃する)人まで登場。『塔の上の〜』のAmazonレビュー欄も大荒れする事態にまで発展した。

 さらに、騒動は“猫問題”とは関係のない話にまで波及する。2013年3月に、日本赤十字社のWebサイトで中川が献血に挑戦するレポートが掲載されたのだが、献血してはいけない条件のひとつである「ヒト由来のプラセンタ注射薬」を中川が受けていたことを指摘する声があがったのだ。

 たしかに、11年8月3日のブログで、「メガビタミンプラセンタ点滴というのをやってきました、めちゃめちゃにんにくスメルがする、かなりキクとのうわさ!(中略)しかし胎盤を注入するってなんかすごかりしだな(゜∀゜)」と綴っており、しかもこの文章が後に削除されていたことから、ネット民は日本赤十字社に突撃を開始。よほど問い合わせが多かったのか、日本赤十字社はついにHPで『キャンペーン起用タレントの「ヒト由来プラセンタ製剤」の使用について』という報告を行い、『同氏が所属する事務所及び本人に調査を依頼し、献血をお断りしている「ヒト由来プラセンタ製剤」は使用したことはない旨の回答をいただいております』と発表するまでにいたった。

 ──このように2度にわたる大炎上が起こった中川。しかも現在は、中川が「不正商品撲滅キャンペーン」のイベントに登場して「コピーを楽しんでいる人は魂や先祖が泣いている。バチが当たりますよ!」と言っていたにもかかわらず、アニメ『Free!』のグッズとして発売されている「岩鳶高校水泳部ジャージ」のニセモノと思しきものを身につけていることをネット民は問題視。さらなる大きな炎上へと発展しそうな状況となっている。

 たしかに“猫問題”に関しては、親身になって里親探しを行っていた一般の女子大生に対して、中川は誤解を招きかねない表現をしてしまったかもしれない。だが、軽率な部分があったとしても、そのほとんどはうっかりミスに等しいものだ。それをここまで吊るし上げるさまは、まさしく“いじめ”と同じ。──この中川の騒動に限らず、ひとつのミスに対して寄ってたかって血祭りにあげる行為はネット上でよく見られるが、炎上というよりも“ネットいじめ”と呼ぶべきものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

中川ブロードウェイ NAKAGAWA BROADWAY

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中川翔子“長期炎上”はネットいじめだ!背後にオタク芸能人への反感ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめヲタ水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画