御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
survival_141002.jpg
『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)

 御嶽山の噴火の死者は戦後最悪の47名にのぼった(10月1日現在)。1日に行われた捜索では搬送された35名全員の死亡が確認されるなど、状況は日を追うごとに厳しくなっているが、一方で、あの広い山中にはまだどこかに避難して生きている人がいるのではないか。そんな思いを捨てることはできない。

 実際、これまでも遭難、災害、事件、事故などで、絶体絶命の状況から、奇跡の生還をしたケースはたくさんあった。そうした実話を集めた『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)を読むと、ほんとうに信じられないようなエピソードがいくつも出てくる。

 たとえば、旅客機でアマゾンの熱帯雨林上空を飛行中に墜落し、たった1人生き残ったのがユリアン・コプケだ。上空3000メートルから、シートベルトに固定されたまま墜落した彼女は、17歳ながらとても頭がよく、機転の利く少女だったという。奇跡的に、鎖骨骨折と右目の腫れ、脳震盪、腕と脚の切り傷ぐらいですんだユリアンは、熱帯雨林のジャングルで野生生物の研究所を運営していた両親のおかげで、たまたま「熱帯雨林で生き延びる方法」を知っていた。

その教え通り「まず小川を見つけ、下流に下っていく」ことにした彼女は、その後10日間、水の中を歩き続ける。途中、一緒に飛行機に乗っていた母親を探すため、頭が地面にめり込んでいる女性の遺体などを見かけては、確認しながら進んだという。さらに、腕の傷口にはハエが卵を産みつけ、皮膚の下に50匹以上の蛆虫がうごめいていたり、クロコダイルが川岸にずらりと並ぶ横を通り過ぎたりと、生命の危機を感じながら、唯一持っていたキャンディだけを糧に進んだのだ。

 また、奇跡的に28人全員で生還することができたのが、南極で立ち往生したエンデュアランス号の乗組員たちだ。氷の中に閉じ込められてしまった彼らは、約8カ月間漂流したが、ついに船が氷に押しつぶされ、沈没。流氷の上で、ただ待つことしかできなかったという。

 そこから3カ月が経ち、氷が割れてようやく救援ボートを出せるようになると、3艘に分かれて近くの小さな島に到着した。だが、当初のルートから大きく外れたこの島に救助が来る可能性は極めて低かったため、いちばん頑丈なボートに隊長のシャクルトンと船長のウォースレーら6人が乗り込み、1500キロもの過酷な航海に臨むことになる。彼らの服装は防水仕様ではなかったので、冷たい海水で皮膚は擦り剥け、荒れる波のせいでボートは前後左右に揺れるため、正確な位置を測ることは極めて困難だったのだ。しかし、ウォースレーはそんな「海運市場まれに見る驚異の離れ業」をやってのけた。彼の活躍があったからこそ、誰ひとり欠けることなく生還することができたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本当にあった 奇跡のサバイバル60

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。事故大島計一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画