御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
survival_141002.jpg
『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)

 御嶽山の噴火の死者は戦後最悪の47名にのぼった(10月1日現在)。1日に行われた捜索では搬送された35名全員の死亡が確認されるなど、状況は日を追うごとに厳しくなっているが、一方で、あの広い山中にはまだどこかに避難して生きている人がいるのではないか。そんな思いを捨てることはできない。

 実際、これまでも遭難、災害、事件、事故などで、絶体絶命の状況から、奇跡の生還をしたケースはたくさんあった。そうした実話を集めた『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)を読むと、ほんとうに信じられないようなエピソードがいくつも出てくる。

 たとえば、旅客機でアマゾンの熱帯雨林上空を飛行中に墜落し、たった1人生き残ったのがユリアン・コプケだ。上空3000メートルから、シートベルトに固定されたまま墜落した彼女は、17歳ながらとても頭がよく、機転の利く少女だったという。奇跡的に、鎖骨骨折と右目の腫れ、脳震盪、腕と脚の切り傷ぐらいですんだユリアンは、熱帯雨林のジャングルで野生生物の研究所を運営していた両親のおかげで、たまたま「熱帯雨林で生き延びる方法」を知っていた。

その教え通り「まず小川を見つけ、下流に下っていく」ことにした彼女は、その後10日間、水の中を歩き続ける。途中、一緒に飛行機に乗っていた母親を探すため、頭が地面にめり込んでいる女性の遺体などを見かけては、確認しながら進んだという。さらに、腕の傷口にはハエが卵を産みつけ、皮膚の下に50匹以上の蛆虫がうごめいていたり、クロコダイルが川岸にずらりと並ぶ横を通り過ぎたりと、生命の危機を感じながら、唯一持っていたキャンディだけを糧に進んだのだ。

 また、奇跡的に28人全員で生還することができたのが、南極で立ち往生したエンデュアランス号の乗組員たちだ。氷の中に閉じ込められてしまった彼らは、約8カ月間漂流したが、ついに船が氷に押しつぶされ、沈没。流氷の上で、ただ待つことしかできなかったという。

 そこから3カ月が経ち、氷が割れてようやく救援ボートを出せるようになると、3艘に分かれて近くの小さな島に到着した。だが、当初のルートから大きく外れたこの島に救助が来る可能性は極めて低かったため、いちばん頑丈なボートに隊長のシャクルトンと船長のウォースレーら6人が乗り込み、1500キロもの過酷な航海に臨むことになる。彼らの服装は防水仕様ではなかったので、冷たい海水で皮膚は擦り剥け、荒れる波のせいでボートは前後左右に揺れるため、正確な位置を測ることは極めて困難だったのだ。しかし、ウォースレーはそんな「海運市場まれに見る驚異の離れ業」をやってのけた。彼の活躍があったからこそ、誰ひとり欠けることなく生還することができたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本当にあった 奇跡のサバイバル60

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。事故大島計一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2 恐怖!安倍政権が存続した未来はこうなる
3 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
4 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
5 安倍政権にNOを突きつける芸能人
6 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
7 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
8 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
9 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
12 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
13 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
14 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
18 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
19 「不倫学」が教える防止策とは?
20 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
9安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
10自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19安倍政権にNOを突きつける芸能人
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」