カニバリズム、自衛隊参加、宗教冒瀆…封印されたAVの驚くべき中身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
huinsaretaAV_140929.jpg
『封印されたアダルトビデオ』(彩図社)

 現在、日本で流通しているアダルトビデオの数は、年間約2万タイトル。王道の美少女ものから、ひと昔前までは限られたマニアショップでしか手に入らなかった盗撮やシーメール等の極北ジャンルまで、多種多様な作品が日々生み出されており、日本は世界でも有数のポルノ大国となった。そんな中、人知れずこの世から消えていく作品が存在することをご存知だろうか? 少し前に発売された『封印されたアダルトビデオ』(井川楊枝/彩図社)では、様々な理由でお蔵入りとなった作品が関係者の証言を交えながら紹介されている。

 もちろん、多いのは15歳の少女に過激なTバックを着せ、水着越しの局部に電マを押し当てた児童ポルノや、親の承諾なしに未成年を起用した作品など、「発売禁止は当然」という封印作品だが、しかし、もっと奇妙な理由で封印された作品も多数紹介されている。

 中でも凄いのが、『全裸のランチ』だ。こちらの作品は2部構成となっており、まず首輪を付けられた痩せぎすのM男優がペニスに麻酔注射が打たれ、先端を切る包茎手術がカメラの前で行われる。痛みに悶える顔に女王様が「あそこが真っ赤っか! ピンク色の血まみれでおいしそうよ〜」と次々と洗濯バサミを付けるSM漫才のようなやりとりの後、シーンは変わり焼肉パーティーへ。鉄板で焼かれる肉を見ると、切り取ったばかりの包茎の皮が無造作に置かれ、女王様が一言「さあ召し上がれ」……。人類最大のタブーである“カニバリズム”AVとも言えるこの作品は、発売前の審査にひっかかり、そのシーンのみ無音で真っ黒の画面という処理で封印。「量的にもたいしたことはないし、出演者はまずいとか言って食っていたし、タブーへの挑戦なんかではないですよ」とうそぶく監督や、「飽食時代のグルメ対決!!」というパッケージのキャッチコピーも含め、まさに“人を食った”トンデモ作品だ。

 また、同じタブーでも、国家組織から横やりを入れられたケースもある。『戦車とAVギャル』と題された作品の舞台は、なんと本物の自衛隊だ。毎年駐屯地で催されるお祭りイベントの前夜祭に、著名な演歌歌手を差し置いてトリで登場したAV軍団は、モデルガンでM男優を撃ち取った隊員が、女優に仕込んだリモンコンバイブの操縦機を操作できるという不謹慎極まりないゲームを開催。見事勝利を勝ち取った隊員がリモコンバイブの電源を入れると女優が悶え始め、場内には「地鳴りのような歓声と拍手が渦巻き、この日一番の盛り上がりを見せた」最高のステージとなった。だがこの作品は、正式に撮影承諾を得ていたにも関わらず、自衛隊上層部からストップがかかり、日の目を見る事がなくなったという。さすがに“集団的自慰権”までは施行されることはなかったということか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

封印されたアダルトビデオ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

カニバリズム、自衛隊参加、宗教冒瀆…封印されたAVの驚くべき中身のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー宮谷 烈封印の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
2 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
3 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
5 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
6 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
7 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
10 須藤凜々花の消された暴露トーク
11 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
12 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 沖縄に大量の核兵器が配備されていた
17 水原希子が靖国神社にNO!
18 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
19 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
8財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
9歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
10トランプが安倍に武器を押し売り
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16ウーマン村本の反戦に上念がトンデモ説教
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19安倍自民党はデマ拡散議員だらけ
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」