鈴木亮平の裸がすごい! 写真集が即売り切れも納得の萌え度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
szukiryouhei_01_140927.jpg
『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)

 本日、最終回を迎えた『花子とアン』(NHK)。スタートから連続で視聴率20%超えするなど好調で、主人公の親友を演じた仲間由紀恵の再ブレイクを筆頭に、数々の出演者たちがブレイクした。とくに多くのイケメン俳優たちが登場しそれぞれにお茶の間の女性たちをキュンキュンさせていたが、なかでも大ブレイクしたのが、主人公である花子の夫・村岡英治を演じた鈴木亮平だ。

 9月15日には、鈴木初のフォトブック『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)が発売された。鈴木については既報のとおり、その肉体美が女子だけでなく2丁目でも絶大な支持を誇っている。今回の写真集ではヌードを披露しているということで、売れに売れている。Amazonでは発売初日に売り切れ、紀伊国屋のウェブストアでも「会員お一人様一点限り」という制限が設けられるほどだった。そんな『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』には、いったいどんな写真が収録されているのだろうか。

 まずは、やはり最大の見所であるヌード。真っ黒な背景やモノクロで撮影された見開き8ページにも及ぶ全裸の写真では、ひとつひとつの筋肉の陰影が綺麗に浮かび上がり、それこそ彫刻というか、一種の芸術品のような仕上がりになっている。とくに、首の後ろで手を組み、肘をあげて身体を伸ばした写真では、綺麗に割れた腹直筋だけでなく、大胸筋や横腹の腹斜筋までじっくり観察することができるのだ。

 バックショットも、膝のあたりまで大胆に披露しており、『HK/変態仮面』で話題になったお尻も見ることできる。同作出演時は「原作から判断して変態仮面はお尻がプリッとしていなければいけない」「筋肉ムキムキでも、お尻は柔らかく見えないとかわいげがないし、萌えない」と語り、それを見事に体現して見せた鈴木。今回も相変わらずプリッとしたいいお尻をしているのだが、変態仮面のときよりは少し丸みが削ぎ落とされ、男らしさも加わっている。つまり、この写真集では、あのときとはまた違うお尻に出会えるのだ。

 美しく、完成された肉体美もすばらしいが、少しくだけた様子のヌードもなかなかいい。シーツにくるまれて真っ白なベッドに横たわり、気だるげにこちらを見つめたり、うつぶせで顔をあげ、微笑む写真。同じヌードでもこれらの写真には、どこか甘さや柔らかさが加わり、先にあげたものとはまったく違った印象を受ける。同じ裸体で、ここまで違うのもすごい。

 こうやってヌード写真ばかりを見ていると、鍛え上げられた腹筋や胸筋、プリッとしたお尻にしか目がいかなくなってしまいそうだが、そんなこともない。隠れていることやチラリと垣間見えることで、より惹きつけられたり、際立って見えることも多いのだ。たとえば、よく見ると七分丈のズボンから覗くふくらはぎが、引き締まっているけれど案外スラリとしていて細いということにも気づく。それに、胸元がざっくり開いたV字の白Tシャツを着ているときは、脱いでいるときよりも胸筋の盛り上がりや胸板の厚さが強調されているので、「あの胸に抱かれたら……」と妄想が膨らむのではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

鈴木亮平の裸がすごい! 写真集が即売り切れも納得の萌え度のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。朝ドラ田口いなす鈴木亮平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
5 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 財務次官セクハラが海外メディアでも
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
13 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 財務次官セクハラが海外メディアでも