鈴木亮平の裸がすごい! 写真集が即売り切れも納得の萌え度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
szukiryouhei_01_140927.jpg
『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)

 本日、最終回を迎えた『花子とアン』(NHK)。スタートから連続で視聴率20%超えするなど好調で、主人公の親友を演じた仲間由紀恵の再ブレイクを筆頭に、数々の出演者たちがブレイクした。とくに多くのイケメン俳優たちが登場しそれぞれにお茶の間の女性たちをキュンキュンさせていたが、なかでも大ブレイクしたのが、主人公である花子の夫・村岡英治を演じた鈴木亮平だ。

 9月15日には、鈴木初のフォトブック『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)が発売された。鈴木については既報のとおり、その肉体美が女子だけでなく2丁目でも絶大な支持を誇っている。今回の写真集ではヌードを披露しているということで、売れに売れている。Amazonでは発売初日に売り切れ、紀伊国屋のウェブストアでも「会員お一人様一点限り」という制限が設けられるほどだった。そんな『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』には、いったいどんな写真が収録されているのだろうか。

 まずは、やはり最大の見所であるヌード。真っ黒な背景やモノクロで撮影された見開き8ページにも及ぶ全裸の写真では、ひとつひとつの筋肉の陰影が綺麗に浮かび上がり、それこそ彫刻というか、一種の芸術品のような仕上がりになっている。とくに、首の後ろで手を組み、肘をあげて身体を伸ばした写真では、綺麗に割れた腹直筋だけでなく、大胸筋や横腹の腹斜筋までじっくり観察することができるのだ。

 バックショットも、膝のあたりまで大胆に披露しており、『HK/変態仮面』で話題になったお尻も見ることできる。同作出演時は「原作から判断して変態仮面はお尻がプリッとしていなければいけない」「筋肉ムキムキでも、お尻は柔らかく見えないとかわいげがないし、萌えない」と語り、それを見事に体現して見せた鈴木。今回も相変わらずプリッとしたいいお尻をしているのだが、変態仮面のときよりは少し丸みが削ぎ落とされ、男らしさも加わっている。つまり、この写真集では、あのときとはまた違うお尻に出会えるのだ。

 美しく、完成された肉体美もすばらしいが、少しくだけた様子のヌードもなかなかいい。シーツにくるまれて真っ白なベッドに横たわり、気だるげにこちらを見つめたり、うつぶせで顔をあげ、微笑む写真。同じヌードでもこれらの写真には、どこか甘さや柔らかさが加わり、先にあげたものとはまったく違った印象を受ける。同じ裸体で、ここまで違うのもすごい。

 こうやってヌード写真ばかりを見ていると、鍛え上げられた腹筋や胸筋、プリッとしたお尻にしか目がいかなくなってしまいそうだが、そんなこともない。隠れていることやチラリと垣間見えることで、より惹きつけられたり、際立って見えることも多いのだ。たとえば、よく見ると七分丈のズボンから覗くふくらはぎが、引き締まっているけれど案外スラリとしていて細いということにも気づく。それに、胸元がざっくり開いたV字の白Tシャツを着ているときは、脱いでいるときよりも胸筋の盛り上がりや胸板の厚さが強調されているので、「あの胸に抱かれたら……」と妄想が膨らむのではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

鈴木亮平の裸がすごい! 写真集が即売り切れも納得の萌え度のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。朝ドラ田口いなす鈴木亮平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安室は5年前に引退するはずだった
2 美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
3 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
4 美智子皇后がトランプとの面会に難色
5 マツコがLGBT発言を封印した理由
6 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
7 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
8 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
9 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
10 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
11 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
12 マツコが“忘れられない男”と首都高で
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
16 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
19 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
20 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
5萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
6安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
9 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
10美智子皇后がトランプとの面会に難色
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
16「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
17美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
18日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
19JASRACが坂本龍一を騙しうち!
20『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」