職場や学校にいる“めんどうくさい人”の対処法「狩野英考作戦」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mendou_01_140924.jpg
『戦略的、めんどうな人の動かし方』(クロスメディア・パブリッシング)

 職場や学校に必ずいるめんどうくさい人。あなたもそういう人に悩まされていないだろうか。めんどうな人とうまくつきあい、物事を頼んだりするのはどうすればいいのか。

「めんどうな人」というのははだいたい4つのタイプにわけられるらしい。タイプその1は、思い込みが激しくキレやすい直情型の「瞬間パワー型」。先輩にいたらうっとうしいタイプだ。その2は何を考えてるか分からないぼんやりタイプの「無反応マイペース型」。部下にいたらイライラして胃が痛くなりそう。その3はとにかく偉そうな尊大オヤジタイプの「建前優先ガンコ型」。きらわれ上司の典型だろう。その4は重箱のスミをつつき人のアラを探すのが得意なネガティブタイプの「理屈先行インテリ型」。経理がこのタイプだったらつらい…。

 こうしたタイプ別に対処法を教えてくれるのが、『戦略的、めんどうな人の動かし方』(五百田達成/クロスメディア・パブリッシング)。著者の五百田氏は作家・心理カウンセラーで、東京大学教養学部卒業後、マスコミ職を経て、サラリーマン時代の実体験と豊富なカウンセリングを生かした「職場の人付き合いにおける実践的アドバイス」を専門にしているという。

「人を動かす」というテーマで様々なビジネス本が出ているが、それらの多くは、ビジネスで成功した大物経営者がドヤ顔で自分の成功談をつらつらと語り、それをゴーストライターがいい話風にまとめているパターンが多い。内容のほうも、「熱い夢をストレートにぶつけよう」といったありきたりの説教をしているだけで、凡人には参考にならないものがほとんど。

 その点、この本は「自分に影響力がないなら、頭を使おう」というのをスローガンにしているだけあって、かなり実践的だ。心理学の最新理論、はたまた職場のリアルな人間関係といった幅広いテーマからヒントを得て生み出された50のワザをレベル別に紹介してくれる。しかも、それぞれのワザに、ちょっと変わったネーミングがつけられているのが特徴だ。その中から印象に残ったものを選んでみた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

戦略的、めんどうな人の動かし方

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

職場や学校にいる“めんどうくさい人”の対処法「狩野英考作戦」とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。コミュニケーション岡崎留美子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも