>  >  > 安倍内閣女性閣僚の「反女性」発言集

母乳強制、DV擁護、中絶禁止…安倍内閣・女性閣僚の「反女性」発言集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kakuryou_140908.jpg
画像は、左から「山谷えり子」「高市早苗」「有村治子」「稲田朋美」各公式HPより


 先日発表された、第二次安倍改造内閣。安倍首相は自らが掲げた「女性の活用」をアピールするために、過去最多となる5名の女性閣僚を誕生させた。党三役の政調会長を加えれば、6名。新聞・テレビはさっそく「女性閣僚過去最多」「内閣も女性活用へ」と大はしゃぎを繰り広げている。

 しかし、マスコミはこの女性閣僚たちの顔ぶれをちゃんと見てそんなことをいっているのだろうのか。6名のうち、高市早苗総務相、山谷えり子拉致問題担当相、有村治子女性活躍担当相、そして稲田朋美自民党政調会長は、自民党の中でも保守派中の保守派、ネトウヨの間で“アイドル”扱いされている極右4人組ではないか。

 いや、極右といっても改憲や軍備増強、国民の人権制限を主張し、先の戦争や従軍慰安婦を肯定しているというだけなら、彼女たちだけでなく、安倍政権全体の傾向なので、ここで改めて詳述するつもりはない(それ自体も大きな問題ではあるが)。この人選がとんでもないのは、彼女たちが「女性の活用」の象徴として登用されたにもかかわらず、逆に4人とも女性の権利や自立、社会進出を阻む思想の持ち主だということだ。彼女たちが過去にどんな「反女性」的トンデモ発言をしてきたか、ざっと紹介しよう。

■「性教育は結婚後に!」山谷えり子の頭の中にはちょうちょが飛んでいる?

 まず真っ先にあげなければならないのが、拉致問題担当相に就任した山谷えり子だ。山谷は2007年、教育再生担当として内閣総理大臣補佐官を務めていた際、「親学に関する緊急提言」を出そうとしたことが有名だが、これは「子守歌を聞かせ、母乳で育児」「授乳中はテレビをつけない」という、「教育再生でどうしてそれ?」と多くの人が首を傾げるシロモノだった。

「親学」というのは、「児童の2次障害は幼児期の愛着の形成に起因する」という教育理論。平たく言うと、母親に“子どもを産んだら傍にいて育てないと発達障害になる。だから仕事をせずに家にいろ”と強要するトンデモ理論で、科学的にはなんの根拠もなく、障がい者団体などから「差別」との批判まで受けている。ところが、山谷はこれに入れこみ、母親を家に縛り付けるような教育提言を内閣名で出そうとしたのだ。結局、この動きには自民党内からも疑問の声が挙がり、提言は正式採用されなかったが、山谷はいまも「親学推進議員連盟」のメンバーとなっている。

 親学へのシンパシーからもわかるように、山谷のベースとなっているのは“母親の神聖化”“女らしさ”だ。何かというと「女性は女性らしく」「女性は母親という神聖な役割をになっている」ということを繰り返し主張している。だが、その“女らしい”という基準は、結局、明治から昭和初期の一時期に形成された恣意的な価値観にもとづくものだ。

 たとえば、「正論」(産業経済新聞社)04年10月号で長谷川三千子と対談した際には、酒井順子の「負け犬」という言葉を曲解して、お見合いでもいいから女性は結婚すべきだ、ということを得々と語る長谷川に同意して、山谷は「それ(結婚)が女性の生き方として生物学的に理にかなっている」と言い切っている。……どうやら山谷に言わせると、結婚しない女は“生物学的”に欠陥があるということらしい。とんでもない差別主義者だが、もっとすごいのは、性教育に関する言動だ。

 05年、山谷は安倍が座長である「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクトチーム」の事務局長を務め、当時、一部の公立学校で行われていたオープンな性教育を徹底批判。教育現場はすっかり萎縮し、性教育を封印。その結果、現在は若年層の無知からくる望まない妊娠や性感染症が増加の一途をたどるという悲惨な状況におちいっている。

この記事に関する本・雑誌

ジェンダー・クオータ―世界の女性議員はなぜ増えたのか

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
2 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
3 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
5 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
7 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
8 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
9 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
10 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
11 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
12 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
13 ジャニー「SMAP解散ない」信用できず
14 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
17 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
18 SMAPを殺したのはキムタク
19 中居がキムタクに「納得がいかない」
20 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
5それでも石田純一の勇気を讃えよ!
6参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
7米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
8鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
10安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
11小池百合子は“女性の味方”じゃない!
12安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
13 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
14小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
15「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
16小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
17自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
18大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
19選挙特番がボツにした日本会議のテープ
20安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」