ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shikarareruchikara_140825.jpg
『叱られる力』(文藝春秋)

 阿川佐和子氏の『叱られる力』(文藝春秋)が売れている。キャッチコピーは「叱られて、叱ってわかることはたくさんある」。前著の『聞く力』は150万部を突破し、2012年の年間ベストセラーに輝いた。第二弾にあたる本著も、年間ベストセラー入りは確実だろう。

 しかし、この本、読んでいくとちょっと引っかかる。ある一定の読者層に向けて書かれている感じがするのだ。その対象とは、中高年(の、特に男性)。中高年男性にとことん優しく、気持ちよくしてくれる──まるでポルノ小説のように。

『叱られる力』は「どうやったら叱られる力がつくのか?」「叱られる力とはなにか?」について説明するような自己啓発本ではない。阿川氏の経験に基づいたエッセイだ。「叱り」「叱られる」に関するエピソードが入り混じって展開している。

 阿川氏の周囲の編集者や友人が「叱られ慣れていない若者」に衝撃を受け、「私たちの若いころはこうだったのにね……」と語り合う一方で、小説家・評論家である父親の阿川弘之に叱られ続けた思い出が綴られる。

■「若者は叱られ慣れていない!」噴出する不満
 本著では、「叱られ慣れていない若者」たちのエピソードが次々に紹介される。

 できていないことを叱られて、「できないって言えなかったんです。わからないって言えなかったんです。何がわからないか、わからなかったから」と泣き出す後輩社員。

 一度も怒られた経験がなかったので、びっくりして涙を流してしまった新人女性部員。

 注意されて唖然としながら「僕、生まれて初めて怒られました」と呟く男性社員。

 叱られて出社拒否、辞表提出、エトセトラエトセトラ。

「それ(人見知り)って、甘えなんじゃないの?」「どうもこの頃、電話の応対のなってない若者が多すぎると思わない?」「今の若い人たちの声が小さくて舌足らず」「(叱りつけると)オオカミに出くわした赤ずきんちゃんのように怯える」などなどの言葉も飛び出す。

 阿川氏と周囲の人々は困り果てながら「いまどきは、家庭でも学校でも叱られずに育っている人が増えているんでしょうか」「そんなに親も先生も優しいんですね」とぼやく。

 もちろん、文句をつけっぱなしではない。「上手な叱り方と上手な叱られ方を忘れてしまったのかも」として、「借りてきた猫の法則」「飲み会でのコミュニケーション」といった「うまい叱り方」を提案している。

 ただし、「叱られ慣れていない若者」の姿は、伝聞でしか見えてこない。「なぜ叱られるのが苦手なのか?」「どのように叱られたいと思っているのか?」といった「叱られる側」の声がないのだ。「叱る側」の推測は載せているものの、実際どうなのかは直接聞かずにあっさりと終わらせる。阿川氏は「聞く」ことのプロフェッショナルであるはずなのに、「若者に聞く」という選択肢はなかったようだ。

 また、「そもそも若者を叱らなかった『親』や『先生』って自分たちの世代じゃないの?」という問題提起も存在しない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年家族青柳美帆子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
2 暴力、セクハラ…ブラックすぎるパチンコ店
3 安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
4 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
5 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
6 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
7 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
8 山口敬之が補助金交付関与の新証言
9 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
10 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
11 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
12 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
13 「不倫学」が教える防止策とは?
14 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
15 孤立?ももクロ有安を精神分析
16 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
19 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
20 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
4安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
5山口敬之が補助金交付関与の新証言
6安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
7河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
8ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
9「SAPIO」反日バッシングの異常
10日立原発支援政策は“お友だち優遇”
11西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
12安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
13公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
14異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
15古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
16小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
17百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
18平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
19松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
20 浅田真央ブームとネトウヨ増殖の関係

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」