ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shikarareruchikara_140825.jpg
『叱られる力』(文藝春秋)

 阿川佐和子氏の『叱られる力』(文藝春秋)が売れている。キャッチコピーは「叱られて、叱ってわかることはたくさんある」。前著の『聞く力』は150万部を突破し、2012年の年間ベストセラーに輝いた。第二弾にあたる本著も、年間ベストセラー入りは確実だろう。

 しかし、この本、読んでいくとちょっと引っかかる。ある一定の読者層に向けて書かれている感じがするのだ。その対象とは、中高年(の、特に男性)。中高年男性にとことん優しく、気持ちよくしてくれる──まるでポルノ小説のように。

『叱られる力』は「どうやったら叱られる力がつくのか?」「叱られる力とはなにか?」について説明するような自己啓発本ではない。阿川氏の経験に基づいたエッセイだ。「叱り」「叱られる」に関するエピソードが入り混じって展開している。

 阿川氏の周囲の編集者や友人が「叱られ慣れていない若者」に衝撃を受け、「私たちの若いころはこうだったのにね……」と語り合う一方で、小説家・評論家である父親の阿川弘之に叱られ続けた思い出が綴られる。

■「若者は叱られ慣れていない!」噴出する不満
 本著では、「叱られ慣れていない若者」たちのエピソードが次々に紹介される。

 できていないことを叱られて、「できないって言えなかったんです。わからないって言えなかったんです。何がわからないか、わからなかったから」と泣き出す後輩社員。

 一度も怒られた経験がなかったので、びっくりして涙を流してしまった新人女性部員。

 注意されて唖然としながら「僕、生まれて初めて怒られました」と呟く男性社員。

 叱られて出社拒否、辞表提出、エトセトラエトセトラ。

「それ(人見知り)って、甘えなんじゃないの?」「どうもこの頃、電話の応対のなってない若者が多すぎると思わない?」「今の若い人たちの声が小さくて舌足らず」「(叱りつけると)オオカミに出くわした赤ずきんちゃんのように怯える」などなどの言葉も飛び出す。

 阿川氏と周囲の人々は困り果てながら「いまどきは、家庭でも学校でも叱られずに育っている人が増えているんでしょうか」「そんなに親も先生も優しいんですね」とぼやく。

 もちろん、文句をつけっぱなしではない。「上手な叱り方と上手な叱られ方を忘れてしまったのかも」として、「借りてきた猫の法則」「飲み会でのコミュニケーション」といった「うまい叱り方」を提案している。

 ただし、「叱られ慣れていない若者」の姿は、伝聞でしか見えてこない。「なぜ叱られるのが苦手なのか?」「どのように叱られたいと思っているのか?」といった「叱られる側」の声がないのだ。「叱る側」の推測は載せているものの、実際どうなのかは直接聞かずにあっさりと終わらせる。阿川氏は「聞く」ことのプロフェッショナルであるはずなのに、「若者に聞く」という選択肢はなかったようだ。

 また、「そもそも若者を叱らなかった『親』や『先生』って自分たちの世代じゃないの?」という問題提起も存在しない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年家族青柳美帆子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画