あのベストセラーも! 引き寄せ系自己啓発本“焼き直し”の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
genjitsuka_140811.jpg
『こうして、思考は現実になる』(サンマーク出版)

 本当に願ったのなら、欲しいものは全て手に入る! 全ての物質・出来事は宇宙に溢れるエネルギーであり、それは誰でも使うことが出来るからだ。宇宙エネルギーを呼び込むには、ただひたすら信じ、望みさえすればよい。その事実を「知識」ではなく「体験」として、2時間か48時間、もしくは一週間以内に証明してみよう。

 ──そんな触れ込みによる『こうして、思考は現実になる』(パム・グラウト/サンマーク出版)は日本だけでも15万部を突破、ベストセラーとなった。確かに「願うだけで望みがかなう」と力強く断言されれば、その本にあるノウハウを試してみたくなってくるだろう。

 本書の特色は、各章ごとに「実験レポートシート」を設け、短時間のうちに成果を自覚させるところにある。その実験内容も簡単かつ具体的で、「黄色の車と黄色の蝶を見ると願い、48時間でどれだけの数を見たかカウントする」「曲げた針金を持って、嫌なことや嬉しいことを想起。その感情によって針金が動くかどうかを見る」「欲しいものが手に入ると信じ、48時間以内にその願望がかなうかどうか」といったものばかりだ。それによって宇宙エネルギー、本書でいう「可能性のフィールド」=FPなるものの存在を自覚し、自在にアクセス出来るようになる、と……。
 
 事情を知らない人には驚きの内容かもしれないが、多少ともスピリチュアル系の知識があれば、「ああ、またこれか」と思うはずだ。これは数多くある「スピリチュアル系・自己啓発本」の中で、何度も繰り返されてきた言説である。というより、ほぼ同じ内容をパッケージのみ変えて繰り返してきたのが、このジャンルの歴史なのだ。

※ちなみに形容詞を名詞として使う「スピリチュアル」は文法的には誤りだが(名詞ならスピリチュアリティ)、現代の状況をよく表す慣用語なので、敢えて「スピリチュアル」で統一する。
 
 自己啓発本の起源であるジェームズ・アレン『「原因」と「結果」の法則』がイギリスで発表されたのが1902年。その後はアメリカを中心に、フローレンス・スコーヴェル・シン(『ゲームの法則』)、 ジョセフ・マーフィー(『マーフィー 自分に奇跡を起こす心の法則』)や、デール・カーネギー(『人を動かす』)らが次々と登場。ザックリまとめれば全て「我々の思考が、環境をコントロールする」だから「ポジティブに信じれば願望がかない、幸せになる」という、現世利益を追求する内容だ。さらに経済的成功の側面を強めたのがナポレオン・ヒル(『思考は現実化する』)で、いわゆる「成功哲学」の元祖とも言われる。こうして、スピリチュアル系・自己啓発本(ビジネス書)の下地が作られていった。

 日本において、彼らの書籍が本格的に紹介されだすのはバブル崩壊後と、アメリカよりだいぶ遅め。ちょうど船井幸雄がスピリチュアルと経済的成功を結びつけ、ブームを巻き起こしたタイミングと重なる。そして現在では、あらゆる本屋の店頭に「引き寄せの法則」「100%自分原因説」にまつわる自己啓発本やビジネス書がズラリと並ぶ風景が当たり前になった。
 
 こうして膨大なフォロワー本が次々と刊行されていったが、その主張は驚くほど同じものばかり。ナポレオン・ヒルの書名が簡潔に言い表す通り『思考は現実化する』であり、『Think & Grow Rich(思考で富を成そう)』(原題)ということに尽きる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「自己啓発病」社会 「スキルアップ」という病に冒される日本人

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

あのベストセラーも! 引き寄せ系自己啓発本“焼き直し”の歴史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアルの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画