発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 なんとも衝撃な一言である。芸能界に絶大なる影響力を持ち、牛耳る芸能プロがナナそのもの。自分は単なるタレントとしてコントロールされているわけではない。自分こそがザ・スターアカデミーであり、その影響力を行使できるのだと。そのやり口を熟知しているのだというのだ。

 だからこそ、ナナはトオルに言い続ける。

「愛してくださるなら、覚悟をしてください」「野心を捨ててください。争いごとを避けて、無理をしない程度の仕事量にしてください。私や生む子供とつつましく向き合って、家族の傍にいてください。そうすればきっとあなたは幸福になる」

 自分自身がスターアカデミーとさえ言い切るナナは、トオルがさらに芸能界に近づけば潰されること、いや、自分が潰すことになってしまうのを承知していたとも考えられる。そしてトオルに“覚悟”だけを要求した。

「あなたは文学の世界だけを大切にしてください」

 トオルを、そして自分の夢見る幸せな生活を守るために、どうすればいいのかナナは理解していた。さらに、入籍を事務所に報告したいというトオルに対し、ナナは「私の仕事をあなたは何も知らないのだから、これから先も仕事には口を挟まないでほしい」と拒絶する。

 ──これまで大手芸能事務所による情報操作について語られることはあった。しかし、守られたはずの所属タレント側が、自分の恋人や夫に対する事務所の仕打ちをどう思っているのかといった心情が公になることは皆無だった。それが辻自身の作品で描かれていたことに驚く。
 
 ともあれ、ナナもまた覚悟していたのだろう。スターアカデミーの意向に沿わない2人の結婚が明るみになるや、マスコミは一斉にトオルに矛先を向けていく。

〈私はここでも沈黙を守り、嵐が過ぎるのを静かに待った。それがナナとの約束、ナナが私に言った覚悟の正体なのである〉

 結婚後、日本での生活はナナにとって過酷ものだった。連日の主演ドラマ撮影で睡眠時間が2、3時間。しかも常にマスコミの陰におびえながらの生活に、2人は疲弊しきっていた。仕事を辞めたいというナナにパリ移住を提案するトオル。パリで子育てをしたいと思っていたナナは興奮気味にそれに賛同した。

 そして2人は芸能界を離れ逃げるようにパリへと旅立った。04年1月14日、2人の間に男子が生まれた。

 ……これが『刀』に描かれた、辻と中山のパリ生活にいたるまでのいきさつだ。

 2人にはバーニングの陰が色濃く存在していたが、中山はそれを熟知していたからこそ、フランスでの生活を選び、そして芸能界から離れていった。離婚騒動の際、辻を“ろくに仕事をしないヒモ”などと揶揄したメディアもあったが、それは中山が望んだことでもあったのだ。

 しかし、こうした困難、激流に立ち向かうほどの情熱をもって始めた2人の結婚生活は12年で終わりを告げた。──皮肉にも、パリでの結婚と子育てを迫った中山は東京にひとり戻り、辻は息子と2人でパリに残る決心をした。辻はいま、中山との結婚生活を振り返って、何を思うのだろうか。
(伊勢崎馨)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能人はなぜ干されるのか?

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
2 是枝監督の次回作は戦時中の満洲が舞台?
3 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
4 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
5 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
6 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
7 加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
8 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
9 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
10 高プロ法案の強行採決を許すな!
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
13 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
16 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
17 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
18 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20是枝監督の次回作は戦時中の満洲が舞台?
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?