発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 なんとも衝撃な一言である。芸能界に絶大なる影響力を持ち、牛耳る芸能プロがナナそのもの。自分は単なるタレントとしてコントロールされているわけではない。自分こそがザ・スターアカデミーであり、その影響力を行使できるのだと。そのやり口を熟知しているのだというのだ。

 だからこそ、ナナはトオルに言い続ける。

「愛してくださるなら、覚悟をしてください」「野心を捨ててください。争いごとを避けて、無理をしない程度の仕事量にしてください。私や生む子供とつつましく向き合って、家族の傍にいてください。そうすればきっとあなたは幸福になる」

 自分自身がスターアカデミーとさえ言い切るナナは、トオルがさらに芸能界に近づけば潰されること、いや、自分が潰すことになってしまうのを承知していたとも考えられる。そしてトオルに“覚悟”だけを要求した。

「あなたは文学の世界だけを大切にしてください」

 トオルを、そして自分の夢見る幸せな生活を守るために、どうすればいいのかナナは理解していた。さらに、入籍を事務所に報告したいというトオルに対し、ナナは「私の仕事をあなたは何も知らないのだから、これから先も仕事には口を挟まないでほしい」と拒絶する。

 ──これまで大手芸能事務所による情報操作について語られることはあった。しかし、守られたはずの所属タレント側が、自分の恋人や夫に対する事務所の仕打ちをどう思っているのかといった心情が公になることは皆無だった。それが辻自身の作品で描かれていたことに驚く。
 
 ともあれ、ナナもまた覚悟していたのだろう。スターアカデミーの意向に沿わない2人の結婚が明るみになるや、マスコミは一斉にトオルに矛先を向けていく。

〈私はここでも沈黙を守り、嵐が過ぎるのを静かに待った。それがナナとの約束、ナナが私に言った覚悟の正体なのである〉

 結婚後、日本での生活はナナにとって過酷ものだった。連日の主演ドラマ撮影で睡眠時間が2、3時間。しかも常にマスコミの陰におびえながらの生活に、2人は疲弊しきっていた。仕事を辞めたいというナナにパリ移住を提案するトオル。パリで子育てをしたいと思っていたナナは興奮気味にそれに賛同した。

 そして2人は芸能界を離れ逃げるようにパリへと旅立った。04年1月14日、2人の間に男子が生まれた。

 ……これが『刀』に描かれた、辻と中山のパリ生活にいたるまでのいきさつだ。

 2人にはバーニングの陰が色濃く存在していたが、中山はそれを熟知していたからこそ、フランスでの生活を選び、そして芸能界から離れていった。離婚騒動の際、辻を“ろくに仕事をしないヒモ”などと揶揄したメディアもあったが、それは中山が望んだことでもあったのだ。

 しかし、こうした困難、激流に立ち向かうほどの情熱をもって始めた2人の結婚生活は12年で終わりを告げた。──皮肉にも、パリでの結婚と子育てを迫った中山は東京にひとり戻り、辻は息子と2人でパリに残る決心をした。辻はいま、中山との結婚生活を振り返って、何を思うのだろうか。
(伊勢崎馨)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能人はなぜ干されるのか?

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
2 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
3 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
4 杉田水脈がLGBT差別にほっかむりで極右集会に
5 文科省が大学に「五輪中は授業やるな」と学徒動員
6 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
7 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
8 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
9 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
10 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
13 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
14 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
17 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
18 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
20 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
1久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
6松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
8ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
9NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
10安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
11創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
12安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
13安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
14 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
15『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
16安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
17 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
18安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
19北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
20障害者が戦争中の過酷な差別を告白!

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄