妊婦に性欲あったらいけないの? 怒りと絶望の妊婦あるある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ikuji_140804.jpg
『ママだって、人間』(河出書房新社)

「妊娠したら母性は自然に湧いてくるもの」「つわりは母性で乗り越えられる」「出産の痛みを乗り越えてこそ母になれる!」「子供にとっては母親が一番。やっぱり父親はかなわないよ」

 全部、嘘だった。
 いや、嘘とまではいわない。「私は母性でつわりを乗り越えました!」と大いに共感する人もいるだろう。ただ少なくとも、私の場合はどれも当てはまらなかった。母性とやらは自然に湧くものでもなかったし、痛みはないに越したことはない。母親ができることは父親もできる。それが今現在、2歳児を育てている私(と夫)の偽らざる実感だ。そして確信している。同じように思っているけど口に出さないママが世間には絶対大勢いるはずだ、と。

『ママだって、人間』(河出書房新社)を読むとそれがよくわかる。作者は、実母との長年の戦いを描いた『母がしんどい』でブレイクした田房永子。両親と決別した後、今度は自らが母になった彼女が妊娠・出産・育児の実体験を綴ったこのコミックエッセイは、帯のコピーに「育児マンガのタブーを破る!」とある。育児マンガのタブーとは何か? 

 本書の中で作者は、驚くくらい赤裸々に自分の性欲や性生活についてさらけ出している。妊娠してから乳首の感度が上がったこと、夫婦でTENGAの使い方をめぐってケンカしたこと、出産後に大陰唇がビロビロになったこと、娘の「われめの中」をどう洗えばいいかわからないこと、産後セックスレスの打開案として夫をラブホテルに誘ったら引かれたこと、そのことに怒ってFacebook経由で元カレに連絡を取ろうとしたこと……。

 どのエピソードも世間一般の「いいママ」像とはほど遠い。「そんなはしたないこと公にして……」と眉をひそめる人もいるだろう。だが、出産経験者の立場からすれば、どれをとっても「わかる!」「あるある!」の連続だ。すべての行動が同じとはいわないが、根っこにある焦燥感、切実さはリアルに共感できる。だからこのマンガは笑えない。読んでいるとじくじくと傷跡が痛むような感覚に襲われる。

 これまで育児コミックエッセイといえば、子供のおもしろ言動を笑いに昇華させたギャグ系が人気だったが、『ママだって、人間』は同ジャンルの作品の中では明らかに一線を画している。作者は自分の心身の変化を赤裸々に描くことで、「母になったら生々しいオンナを封印しろ」という世間の無言の圧力に身をもって立ち向かっている。産前産後の女の心身に起きるドラスティックな変化は、雑なギャグに昇華できるほど軽いものじゃないのだ。

 育児マンガのタブー、それは「母性ですべてはカバーできない」という圧倒的事実を明らかにしたことだ。「母性本能」という曖昧な言葉でなかったことにされていた、さまざまな事象への違和感。それは実母との関係に悩み続け、ついには縁を切ることで母性幻想を打ち破った作者だからこそ描けたのかもしれない。

 娘として、女として、そして母になって。「母性」に振り回され続けた作者がたどり着いた「母性」のあり方とは? ぜひ本書で確かめてほしい。
(阿部花恵)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

妊婦に性欲あったらいけないの? 怒りと絶望の妊婦あるある!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるある出産妊娠の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 週刊文春の小室不倫報道は悪くない!
2 ウソつき佐川国税庁長官の説教があり得ない
3 安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
4 西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
5 暴力、セクハラ…ブラックすぎるパチンコ店
6 「不倫学」が教える防止策とは?
7 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
8 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
9 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
10 山口敬之が補助金交付関与の新証言
11 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
12 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
13 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
14 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
15 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
16 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
18 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
19 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
20 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
1吉永小百合、声をあげることへの覚悟
2安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
3安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
4山口敬之が補助金交付関与の新証言
5安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
6河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
7ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
8西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
9「SAPIO」反日バッシングの異常
10日立原発支援政策は“お友だち優遇”
11安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
12安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
13公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
14異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
15古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
16小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
17百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
18平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
19松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
20ウソつき佐川国税庁長官の説教があり得ない

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」