『やりすぎ都市伝説』フリーメーソン&イルミナティ陰謀論に捏造?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yarisugi_01_140728.jpg
『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説4』(竹書房)

 謎の秘密組織が、世界の政治・経済を裏で操っている! そんな「陰謀論」の代表選手といえば、フリーメーソンになるだろう。その勢力は世界中に広がっているとされ、もちろん日本も例外ではない。

 たとえば、六本木ヒルズやミッドタウンを所有し、最近、虎ノ門ヒルズをつくって話題になっている森ビルには、かなり前からメーソン説がささやかれているし、スターバックスや三菱、さらには東京スカイツリーにも、「ピラミッドと目」という彼らのマークとの類似性が語られている。

 そんなフリーメーソン陰謀説を最近の若者にしらしめたのは、芸人のセキルバーグこと関暁夫だ。先日も『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2014夏』(テレビ東京)でフリーメーソンを取り上げ、「人類を洗脳支配しようとしている闇の勢力が存在するのです」と吠えていた。

 都市伝説で有名になった関だが、すっかり陰謀論者へと活動をシフトしてしまったようだ。ベストセラー『関暁夫の都市伝説』(竹書房)でもシリーズが進むにつれ、次々とフリーメーソンの陰謀を暴きだそうとしている。関の言うとおり、世界は彼らの手の上で転がされているのだろうか?

 そもそもフリーメーソン陰謀説は歴史が古く、フランス革命までもが彼らの仕業でないかとされていた。日本でも20世紀初頭からユダヤ陰謀説とセットになって囁かれていた噂である。戦後、この説が大きく知られるようになったのは、1980年代からのオカルト・陰謀論ブームからだろう。

 早い時期のメーソン本としては、赤間剛『フリーメーソンの秘密―世界最大の結社の真実』(1983年・三一書房)がある。メーソン日本支部へのインタビュー取材を行い、メーソンとは何かを紹介するといった穏当な内容で、陰謀の暴露を期待すると肩透かしを食らうかもしれない。

 しかしその後、一連のメーソン本を刊行するごとに、赤間はフリーメーソンへの危機感を募らせていく。『フリーメーソン 世界支配の戦略―「米ソ合意」のあとに来るもの』(88年・徳間書店)でも、最終章でいきなり「ヨハネの黙示録」について述べ、世界終末を予想するという暗い結末を提示している。

 これは当時の空気の反映でもあった。陰謀論と終末論の組み合わせは、80年代日本オカルトのトレンドだったのだ。それが最悪の形で発現してしまったのが、オウム真理教である。麻原彰晃らはフリーメーソンを代表とする“闇の世界政府”なる仮想敵を設定し、それに対抗しなければという妄想を育んでいった。結果として、一連の殺人やテロが起きたのは周知の通りだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

トンデモ陰謀大全最新版

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『やりすぎ都市伝説』フリーメーソン&イルミナティ陰謀論に捏造?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トンデモ捏造陰謀論の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃