「ガンが消えた」はアリ? ブームの健康本どこまで許されるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gangakieta_1_140713.jpg
『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』(幻冬舎)

 日本でもっとも多い死亡原因はガンであるというのは、みなさんご存じの通りだろう。2013年度も死亡率が高い疾患ワースト1位はやっぱりガンで、その数は36万5000人。4人に1人はガンで亡くなるということになる。

 そんななか、いま注目を集めている本がある。それは『食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ』(高遠智子/幻冬舎)。“ガンが消えた”“全身末期ガンから生還”と、にわかには信じがたい言葉がタイトルに並んだこの本だが、なんと発売からわずか1か月で20万部を超えるベストセラーを記録しているのだ。──いったい、どうしたらガンが消えるというのか。本書を読んでみよう。

 まず、著者である高遠氏は、万遊製薬(現MSD)に勤務していた28歳のときに「予後の悪い卵巣ガンでステージ4」「余命はおそらく半年」と宣告される。最初の手術では「余命わずかなので」身体に負担をかけないよう「最小限の手術」が行われた。続いて抗ガン剤治療と放射線治療がスタート。治療と再発を繰り返しながらも、3年近くが経過したという。

 しかし、その3年目に「肺に腺ガン」が見つかり、再び余命が「3か月くらい」と言い渡される。ここで高遠氏は「私は、ガンとの戦いに負けたのだ」と現状を受け入れ、“好きな画家・モネの絵と、モネの家の庭園を見にフランスに行く”と決断。医者に「もう治療は一切しません」と宣言し、立ち上がることもできない身体でフランスに向かうのだ。

 だが、フランスには大きな“奇跡”が待っていた。それは偶然立ち寄ったモンマルトルの市場で食べた、セミドライのトマト。トマト嫌いだった上に味覚障害で味も感じられない状態だったはずが、一口かじった瞬間に、「美味しい♪」。抗ガン剤の副作用で唾液腺が詰まっていたのに、どんどん唾液が分泌され、いつのまにか苦しかった咳は治まっていたという。

 で、ここからが高遠氏のすごいところなのだが、この奇跡のトマトとの出会いによって「これは食について向き合えってことじゃない?」と感じ、その足でパリの料理学校リッツエスコフィエに嘆願書をもって直談判。校長から条件付きで許可が下り、なんと食の勉強を始めてしまうのだ。入学条件の観光ビザが下りたときには、「余命タイムリミットの前日」だったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「ガンが消えた」はアリ? ブームの健康本どこまで許されるのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。がんトンデモの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃