同じ服でも自分が着るとダサくなる…それは骨格のせいだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kokkaku_01_140710.jpg
『あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断』(すばる舎)

 夏に向けアパレル商戦が盛り上がるこの時期、ショップには多くの女性客が訪れては、トレンドアイテムを購入していく。だが、それが自分に似合うとは限らない。
 
「実はついていけないと思う流行アンケート」(マイナビウーマン調べ)によると、65%以上の女性が「ついていけないファッションがある」と回答、正直な胸の内を明かしている。
 例えば、大流行中のペンシルスカートには「おしりの形がはっきりと出てしまうので自分には無理」、トレンドとして定着した細身花柄パンツには「大阪のおばちゃん風になりそう」、女性らしいキュロットやショートパンツには「後ろ姿が『トランクスをはいた、だらしないおじさんの後ろ姿』にそっくりな女性をよく見かける」など、ネガティブな意見がズラリ。

「服はカワイイのに、私が着るとヘン……」、こんなふうに、購入時と着衣時とのギャップに悩まされた経験は、誰にでもあるはずだ。その原因はセンス? 容姿? スタイル?  

「違います! あなたの『骨格』と『選んだ服』がミスマッチだっただけ」

 骨格診断ファッションアナリストの山﨑真理子氏は、『あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断』(監修・二神由美子/すばる舎)で、自分の骨格を知ることでぴったりと似合うファッションを導き出せることを提言している。

 つまり、服を上手く着るには、センスや容姿、太っているか否かなどは関係なく、すべては骨格で決まるというのだ。

 骨格のタイプは大きく分けて3つ。グラマラスなメリハリボディの「ストレート」、柔らかな曲線を描く華奢な「ウェーブ」、骨格や関節が大きく肉感的なものを感じさせない「ナチュラル」。この中で「ストレート」タイプはスタンダードな品格あるスタイルが似合う。一方、「ウェーブ」は、華やかで可愛らしいスタイルがしっくり。「ナチュラル」は、ラフで大人カジュアルなスタイルがイイという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

同じ服でも自分が着るとダサくなる…それは骨格のせいだった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。体型着やせの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画