アリスの棘でも東京女子医大事件でもキーマン 麻酔科医の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
masuikai_01_140709.jpg
『麻酔科医ハナ』(双葉社)

 東京女子医大病院で、麻酔科医らが禁止麻酔を63人の小児に投与し、そのうちの12人が死亡していたことが明らかになった。問題の麻酔科医は病院側の調査で「子どもに使ってはいけない禁忌薬と知っていて使った」と述べるなど大きな問題に発展している。

 こうした悲惨な事件だけでなく、ドラマ『アリスの棘』や『チーム・バチスタの栄光』でも麻酔科医が重要人物として登場し、「麻酔科医」という存在がクローズアップされている。麻酔科医とはその名の通り、手術の間、麻酔の管理をする医師のことだが、内情は相当に激務らしい。その象徴的出来事が5年ほど前に既に起こっていた。

 大阪府泉佐野市の市立病院で、激務のため麻酔科の医師が一斉に退職した。そこで苦肉の策として年俸3500万円の報酬で麻酔科医を急募したが、しかしそれでもなり手がなかなか見つからなかったというものだ。麻酔科医とはそれほどまでにきついお仕事なのか──。実際、東京女子医科大学で准講師を務めた経験も持つ麻酔科医・松本克平が監修したマンガ『麻酔科医ハナ』(なかお白亜/双葉社)から、その知られざる日常を紹介したい。

 主人公の華岡ハナコ(ハナ)は大学病院の駆け出し女性麻酔科医だが、作品はハナが居酒屋で上司に辞表を出すところから始まる。

「やってられるか こんな病院!!」「早朝から深夜まで働きづめで1日15時間労働 しかも休みは月に2日」「給料を時給に換算したらたったの550円! 最低賃金かるーく下回ってますよォ!!」「連日連夜狭くて寒い手術室にひとり押し込まれて 外科医のいいように使われても文句一つ言えない…」「その上 アブナくて すぐ訴えられる仕事なんて誰だって逃げたくなるのがあたりまえ…」

 麻酔科医の仕事はハードである。チーム医療が一般的となる中、「麻酔を行い 手術開始から終了までたえまなくその生命活動を管理」し、「その生命活動を維持管理する」のが仕事なのだ。だから、麻酔科医の仕事は麻酔を打てば終わりという訳ではない。手術中もモニターを見るだけでなく患者に何が起きているのかを見守り、たった一人ですばやく冷静に判断しなくてはいけない。麻酔で呼吸が止まった患者のノドに管をいれる「挿管」や、バイタルチェックも麻酔科医のお仕事だ。患者が出血すれば輸血もするし、点滴のための“ライン”も確保する。「ハデに出血したときは『パンピング』といって とにかくでかい注射器で血液を患者の血管にひたすら押し込む!!」といったように、神経だけでなく体力も使う重労働だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

麻酔科医ハナ (1) (アクションコミックス)

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

アリスの棘でも東京女子医大事件でもキーマン 麻酔科医の世界のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。医療の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 美智子皇后がトランプとの面会に難色
3 マツコがLGBT発言を封印した理由
4 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
5 美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
6 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
7 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
8 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
11 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
15 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
16 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
17 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
18 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
19 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
20 「不倫学」が教える防止策とは?
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17美智子皇后がトランプとの面会に難色
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」