元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは…の画像1
今回もジャニーズタブーは適用されるのか……?

 元KAT-TUNのメンバー・田中聖が、大麻所持の疑いで逮捕という衝撃的なニュースが飛び込んできた。田中は取り調べに対し容疑を否認しており今後の行方が注目されるが、実はいまもうひとり、ある事件をめぐってジャニーズアイドルの存在がネットで話題になっているのをご存知だろうか。

 昨年7月福岡市博多区で約7億5000円もの金塊が強奪された事件で、22日、6人の容疑者が逮捕された(23日にはさらに1人が逮捕)。この事件は博多駅前という人目の多い場所で白昼堂々と巨額な金塊が盗まれたこと、またその手口が警察官を装ったものだったことなど、大きな注目を浴びた事件であり、今回の逮捕もテレビなどで大々的に報じられている。逮捕者はさらに増えると見られているが、この逮捕報道を受け、ネットではある意外な有名人の名前がクローズアップされている。それがジャニーズ所属のアイドルグループ・NEWSの手越祐也だ。

 なぜ7億5000万円の金塊強奪事件で手越が? と思うのも当然だろう。だが、実は今回、盗品と知りながら、事件直後に金塊を換金したとして逮捕された小松崎太郎容疑者のフェイスブックに、手越と思われる人物との写真がアップされていたのだ。

 2011年にアップされたというその写真を見ると、飲み屋(クラブ?)と思しき場所で、両隣をヒゲで恰幅のいいスーツ姿の男たちに囲まれて、舌を出しながらVサインをするイケメン茶髪の姿が。特徴的な大きな目、舌を出したイタズラっぽい表情、裏ピースの仕草……たしかに、これは手越本人のように見える。

 これに対し、SNSを中心として〈金塊強奪事件の犯人たちは、過去に逮捕歴もある筋金入り犯罪集団なのに、一緒に飲み歩く手越祐也はどういう関係なんだよ〉〈反社会的な勢力と芸能界ってやっぱりつながりが太いんだな〉〈ひゃー 手越くん、イッテQで見れなくなったらやだわ〜〉〈仕組まれたか。ハメラレタか。何かの間違いと思いたいが。テレビキャラと実生活が違いすぎ〉〈芸能生命終了の危機〉などと、その関係を心配する声で溢れた。それも当然だろう。社会的にも大きな事件である巨額金塊強奪の容疑者と、ジャニーズアイドルの手越が、どんな関係にあるのか。まさか金塊事件そのものには関わりがあるとは思えないが、犯罪に関連した可能性のある金が、タニマチ的に(例えば飲食や旅行など)手越に流れていたとしたら──。

 しかし心配はご無用だろう。ネットでは炎上するほどの大騒動になってはいるが、マスコミ、とくにテレビでは金塊強奪の容疑者と手越の交友関係を取材するどころか、おそらくはこの写真の存在さえも報じることなどあり得ないからだ。

 もちろんその理由はマスコミのジャニーズタブーにある。これまで熱愛や不倫、乱交、そして警察沙汰まで数多くの不祥事を巻き起こしてきたジャニーズタレントたちだが、ジャニーズ事務所の圧力、そして絶大なる影響力への忖度、自粛という構造のもと、その多くは封殺されてきた。そして今回のように、“ややこしい”案件に、あえてマスコミが手を突っ込むことなど、どう考えてもあり得ない。

 さらに手越は、ジャニーズ事務所の最高権力者であるメリー喜多川副社長のお気に入りだといわれている。手越はこれまで益若つばさ、きゃりーぱみゅぱみゅ、紗栄子、小嶋陽菜、柏木由紀、など数多くの芸能人たちと浮き名を流し、またナンパした女性を“お持ち帰り”したり、合コンで女性に差別発言をするなど、数多くのスキャンダルを起こしてきた。ジャニーズでは御法度の副業の噂もたびたびささやかれている。

 ジャニーズといえども、ここまで事務所の意向や“掟”を無視するタレント──赤西仁や田口淳之介、田中聖など──は、たとえジャニー喜多川氏の寵愛を受けていたとしても結局は追放されている。しかし、手越には不思議とそうした動きがないどころか、熱愛、写真流出騒動にしても一切お咎めはなし。その背景にはメリー氏の寵愛があるといわれている。一方で、なんの素行不良がなくとも、単にメリー・ジュリー体制に批判的、飯島派だと目されただけで冷遇されるタレントもいることを考えれば、あまりに露骨なえこひいきだろう。

 世間を震撼させた7億円金塊窃盗事件にアイドルタレントが関係していた。ワイドショーが嬉々として飛びつくはずのビッグニュースだが、しかしジャニーズタブーの前に、マスコミはその一切を報じることがない。

 いつものこととはいえ、弱きをくじき強者にこびる芸能マスコミの姿勢、なんとかしてもらいたいものだ。 

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。KAT-TUNNEWSジャニーズ手越祐也林グンマ田中聖の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
2 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
3 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
4 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
5 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
6 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
7 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
8 DA PUMPがEXILEに挑戦状
9 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
10 つんく♂が秋元のメンバー差別に
11 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
14 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
15 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
16 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
17 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 戦争専門家が集団的自衛権の嘘を指摘
20 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
1 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2 クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
3 所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
4 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5 ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
7 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
8 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
10 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
12 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
13 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
14 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
15 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
18 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
20 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄