中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaimasahiro_01_150606.jpg
今回の「週刊新潮」記事は今後の展開にどのような影響をおよぼすのだろうか……?

 SMAP解散まであと1カ月足らず。SMAP騒動に火をつけた「週刊新潮」(新潮社)が今日発売の12月15日号で、興味深い記事を掲載した。「「SMAP」解散後のプランA」なるタイトルで、中居正広、草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾、つまり木村拓哉以外の4人が、SMAP育ての親である飯島三智元マネージャーと新たな芸能事務所を設立する、と報じたのだ。

「週刊新潮」は飯島氏の積極的な動きを紹介したあと、こんな芸能関係者のコメントを掲載している。

「来年の9月、ジャニーズ事務所との契約切れを待って、木村以外の4人で独立し、そこに飯島も満を持して参加する腹づもりのようです。最近、彼女と話した人によれば、“アイディアが本当に湧いてくるの”とやる気満々、興奮を抑えきれないって感じだったそうですよ」

 しかも、独立するタレントは4人だけではなく、Kis-My-Ft2やジャニーズJr.もついてくるという。以下は同じ芸能関係者のコメントだ。

「新しい事務所の『顔』には中居を据える。飯島自身、“ジャニーズ事務所内での彼の求心力はとても強い。だから、キスマイなど所属タレントだけじゃなくジュニアの男の子たちも付いてくる。その数は20人じゃきかない”と話していたんです」

 SMAP解散後の動向については、一貫して中居が独立をあきらめていないという説に立っている本サイトはともかく、最近は芸能マスコミの間でも、中居、草なぎ、稲垣はそのままジャニーズに残り、香取だけが引退するという説がすっかり定説になっていた。それが再び独立話が出てきた、というのはどういうことなのか。ある週刊誌のジャニーズ担当記者が語る。

「3人が残って、香取だけが引退するという情報を流しているのはジャニーズ事務所ですからね。その裏には、香取ひとりに責任を押し付けて、木村のイメージを守り、中居らを取り込もうというジャニーズの思惑がありますから、報道を額面通り受けとるわけにはいかない。しかも最近、ジャニーズがその中居らの取り込みに失敗したという話も流れていたんです。中居らは想像以上に強硬で、来秋以降の新しい企画がまったく決まらない、と。そこにこの『週刊新潮』の記事でしょう。『新潮』は、最初にSMAPと飯島さんの独立をすっぱ抜いた週刊誌で、この問題には独自の情報ルートをもっていますから、ヨタ記事と片付けることはできない」

 実際、「週刊新潮」は7月にも、SMAP独立の際に後ろ盾になるといわれていた田辺エージェンシー・田邊昭知社長と飯島元マネージャーが渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで密会していたという記事を掲載している。

 また、飯島マネージャーの活発な動きについては、「フライデー」(講談社)も報じている。やはり7月には、電通系の有力キャスティング会社と接触していたこと、そしてキスマイの玉森裕太と丸の内のホテルの中華料理店で密会していたというのだ。

 本サイトの情報源であるジャニーズ関係者にこの中居=飯島の独立の動きについて確認すると、「何をいまさら。だから独立の計画は消えてないとずっと言ってきたでしょう」と皮肉を口にしつつも、この動きの中心は飯島氏ではなく、あくまで中居だと解説してくれた。

「『新潮』も少し触れていましたが、お金も中居さんが出すと聞いている。中居さんは自分が独立したいというより、他のメンバーやキスマイの状況を見かねて、新しい事務所をつくるしかない、と考えたようです。飯島さんにも、中居さんのほうから協力を求めたと聞いている」

 そういえば、中居は解散発表後も一貫して、キスマイメンバーを自分の番組で推し続けており、これも独立を見据えてのことと考えられなくもない。また、「フライデー」が12月9日号で報じていたが、中居は最近、所有している不動産の一部を処分したという。これも独立の資金調達のため、という可能性はある。そして何より、4人が独立を考えていたとすれば、ジャニー喜多川社長の説得を振り払って解散を押し切ったのも、飯島氏が決めていたもの以外の新しい仕事をまったくはじめていないことも説明がつく。

 いずれにしても、中居たちの独立計画の信憑性はかなり高そうだ。しかし、一方で、その計画が本当に実現するかどうかとなると別問題で、かなり暗雲が漂ってくる。

「そもそも、こういうかたちで情報が漏れること自体、独立話が危ういところにある証拠ですよ。今年1月、『週刊新潮』が最初にSMAP独立の動きをスクープした際も、中居らに制裁を加えようとジャニーズ関係者が情報を流したとか、SMAPが田辺エージェンシーにいくことを面白く思わないバーニング関係者がリークしたとも言われました。今回も同じにおいがするんですよね。事前に情報を出して、潰してしまおうということじゃないか、と」(前出・週刊誌記者)

 事実、『週刊新潮』の記事は中居らの動きを強く批判し、「一般常識が通じないままに新事務所を作って、仕事がうまくいくのか甚だ疑問」という芸能プロ幹部の恫喝めいたセリフで締められている。中居には、こうした圧力を跳ね返し、今度こそ独立を勝ち取ってほしいものだが……。
(時田章広)

最終更新:2016.12.09 03:28

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途はのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
2 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
8 維新が「文句だけの立憲民主党」と大嘘ポスターで野党をデマ攻撃!
9 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
10 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
11 れいわ・大石あきこに維新・音喜多、足立康史が醜悪攻撃!
12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
13 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
14 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
5 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
8 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄