未亡人が芸能人に贈る「たかじんメモ」に疑問続出! まるでイタコの口寄せ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takajin_01_141112.jpg
未亡人のさくら氏と百田尚樹氏(「やしきたかじんメモリアルウェブサイト」より)


 賛否両論が噴き出している百田尚樹のノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)。果たして本書は、無償の夫婦愛の物語なのか、それとも利権を独り占めした悪女の宣伝本なのか──。が、そんなことより、正直、気になって仕方がないのは、さくらさんが数々の芸能人に贈っている“例のメモ”である。

 なんでも、メモ魔だったというたかじんは、生前、ノートに“メモ”を遺しており、そこでは多くの芸能人やスタッフのことが書かれているらしい。百田センセイが2年間埋まっていた執筆計画を変更してまで『殉愛』を書いたのも、はじまりはたかじんが彼を絶賛している“メモ”をさくらさんに見せられたからだというが、百田だけでなく、そのメモをさくらさんから見せられた人々はこぞって、その感動を口にしている。

 たとえば、眞鍋かをりには、「人間失敗したもんしか成功を知ることはない 遠まわりこそ、人生の味わい」というあいだみつをを彷彿とさせる人生訓的メモが遺されていた。みんなが忘れかけていた事務所移籍騒動を蒸し返された格好だが、本人の胸にはよほど響いたのか、いまではメモを届けてくれたさくらさんと“女子会”を開くまでの親しい仲に。

 また、『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ系)で共演していた竹田恒泰もブログで「(たかじんからのメッセージは)さくらさんの言葉で伝えて下さいました」と述べ、そのメモには「恋愛に関するアドバイスもありました。。。」とのこと。そして眞鍋同様、さくらさんを「控え目で、気立てがよく、どこから見ても、至極素敵な方です」と褒め称えている。

 さらに人気ミュージシャンであるコブクロは、さくらさんから「コブクロ→大阪恋物語」というメモを送られ、9月に大阪で行われた音楽イベント「大坂の陣400年音楽祭」で、たかじんの「大阪恋物語」をカバーした。

 と、こんな具合に、メモを受け取った芸能人は、まるでありがたいお札でもいただいたかのように感動し、崇めているのだ。まさに“大阪の神の啓示”。しかし、漏れ伝わってくるメモの中身をチェックしていると、なかには「?」と首をひねるものもある。

 そのひとつは、無名時代からの付き合いである笑福亭鶴瓶に遺した文言だ。たかじんは、「つるべえと京都でのみたいな」「大阪で何かやりたいな。つるべにさくらをたのもう。あいつええ奴やし。安心やから」と、自分が逝った後のさくらさんを鶴瓶に託しているのだが、『金スマ』でそのメモが映し出された際、こんな言葉も書き連ねてあった。

「つるべ、なんであんなもじゃもじゃあたましてたんや?」

 これは鶴瓶がデビュー時にカーリーヘアだったことを指していると思われるが、年配者ならきっと「は?」と思ったはずだ。なぜなら70年代を知る者であれば、当時、ああいうヘアスタイルが一部で流行っていたことを知らないわけがない。第一、当のたかじん本人だって、実質的なデビューシングル「ゆめいらんかね」(76年)のときはもじゃもじゃ頭だったじゃないか。どうしていちいちこんなことを、たかじんは書いたのだろうか……。

 また、『たかじんnoマネー』(テレビ大阪他)で公開されていたメッセンジャー黒田へのメモには、「黒田のスタイルをやれ えんりょするな テレビ大阪でしかやれんこと 数字はあとから」と書かれていた。このメモを知った黒田は、「ぼく、実はたかじんさんがお元気なとき、こんなこと一回も言われたことなかったんです」と切り出し、「とりあえずどうやって数字を取るかを考えなあかんみたいなことはおっしゃってたんです」と、生前の印象と大きく違うことを述べた。こうした変化について、百田は「(さくらさんの看病を通して)どんどん優しくなっていった」のだと強調していたが、“関西の視聴率男”としての誇りがあったはずのたかじんが、一体どうしてしまったのだろう。

 このように、あちこちにツッコミどころが満載の“たかじんメモ”。しかも、さくらさんが発信するのは書き遺されたメモだけではない。先日、『ノンストップ!』(フジテレビ系)で『殉愛』が取り上げられた際には、さくらさんが直々に番組へメッセージを送り、たかじんは生前、バナナマンのことが好きだったと伝えられたのだ。あんなに東京を毛嫌いしていたたかじんが、まさか東京芸人であるバナナマンを評価していたとは……!と関西人には驚きを禁じ得なかった。

 また、たかじんの“最期の言葉”は、当初、遙洋子がさくらさんから聞いた話として「ちょ~飲みに行ってくるわ」と明かしていた。それが『殉愛』では、さくらさんに向けた「アイラブユー」という言葉になっていたのだが、このように、さくらさんの話には“ブレ”もある。そして、当代きっての人気作家である百田が、面識もなかったたかじんの本を執筆しようと決意するまでの流れが、まるで誰かの手によってお膳立てされているように“劇的”なのも、引っかかる点だろう。

 それゆえ、ネット上では「メモの字がかわいすぎて、60過ぎのオッサンが書いたとは思えない」「鶴瓶を“つるべえ”と書くか?」など、このメモは実際にたかじんが書いたものなのか?と訝しがる声も噴出。もしかしたら、さくらさんの“たかじんメモ”は、大川隆法の霊言か“イタコ”の口寄せのようなものだろうか。

 だとしたら、今後、さくらさんによって、どんなたかじん像が明かされていくのか、ますます楽しみだが、最後に、メモの発信元であるさくらさんと百田には、『金スマ』での映像に映っていた、こんなたかじんメモの一文を送ろう。

「タレント、女優も、暴露番組増えた プライバシー切り売りてどやねん?」
(サニーうどん)


【リテラが追う!百田尚樹『殉愛』騒動シリーズはこちらから→(リンク)】

最終更新:2015.01.19 04:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

未亡人が芸能人に贈る「たかじんメモ」に疑問続出! まるでイタコの口寄せ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。やしきたかじんサニーうどん殉愛百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
6 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
7 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 はすみとしこが詩織さんをイラスト攻撃
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
13 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
14 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄