妻を風俗嬢に! 20代を抱いて死ぬ! 老人の性欲が止まらない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
roujinsex_140703.jpeg
『熟年恋愛講座』(文春新書)

 読者の高齢化で、最近はオヤジどころか老人が主力読者になってしまった感のある男性週刊誌。だが、そんな中で「週刊ポスト」(小学館)と「週刊現代」(講談社)がなかなか好調な売れ行きを維持しているらしい。

 理由はズバリ、「セックス特集」だ。それもただのセックスではない。「ポスト」も「現代」も2013年春ごろから、その主力読者層である高齢者をターゲットに「まだまだできる」「もう一回やれる」と、シニアセックスを奨励する回春記事をほぼ毎号、掲載しているのだ。

 ネットユーザーも、電車の中吊り広告やコンビニ、書店などで、そのタイトルを見て思わず苦笑してしまった経験があるのではないだろうか。

 たとえば、今でも語り草になっているのが、「週刊ポスト」13年6月28日号。同誌では5月から「死ぬまでセックス」シリーズを開始したのだが、その第6弾である同号のタイトルがなんと「もう一度だけでいい 20代の女を抱いて死にたい」。

 このあまりに露骨な欲望丸出しのフレーズに、読者や識者から非難が殺到。翌々号で釈明記事を出す事態となったほどだ。

「週刊現代」も負けてはいない。14年5月31日号の中吊り広告では、「大特集 もう一度セックス」というタイトルのそばに、「もったいない! 神様がくれたこの快楽を享受せずに一生を終えるんですか?」と、自己啓発書のようなコピーを載せて、通勤電車の乗客たちをあぜんとさせた。

 そんな「ポスト」と「現代」だが、同じセックス記事をやっていても、実は方向性は180度違う。

 まず「ポスト」だが、先述した「20代を抱いて死にたい」騒動からもわかる通り、とにかく「若い娘とのセックス(浮気含め)」を徹底して推奨している。

 14年6月6日号では、「死ぬまでセックス」シリーズ開始から1周年ということで、「死ぬまでSEX完全総集編」をぶち抜き16ページで特集していたのだが、そこには“60歳超えた恋は不倫じゃない!”という完全に開き直ったフレーズが躍り、続いて“「私たち、70代&60代としちゃいました」20代・30代美女の「こんなの初めて」告白”が掲載されるという案配だ。

〈彼女たちは「若い男よりも年配男性のほうが絶対にいい」と口をそろえる。(中略)女性は前戯やキス、雰囲気作りといった様々な要素を含めたものがセックスだと捉えている。年配男性は、その「様々な要素」を満たしてくれるというのだ。〉

〈「若い男が相手だと平気で“お前デブだな”とかいうので、すごく恋愛に臆病になっていたんです。だけど少し前にお付き合いした67歳の彼は違った。“こんなに柔らかくて女性らしい体、抱きしめられて幸せだ”と本気で褒めてくれた」(25歳0L)〉
 
 さらに同特集には「不倫調査員がこっそり伝授!これがバレない完全不倫マニュアルだ」なるコラムも掲載されるなど、徹頭徹尾「まだまだ若いコとヤれる」という煽りが満載なのである。 

 一方、これに対して、「週刊現代」が力を入れているのが、長年連れ添った妻とのセックスだ。「ED治療薬のおカネは、夫婦を維持する必要経費です」など、セックスレス状態を解消し、充実したシニアセックスにつなげようという記事が頻繁に掲載されている。

 しかも、そのために、妻のセックステクニックを向上させる企画「セックスレス一発解消!妻を家庭内「風俗嬢」にしよう」という記事の中には、夫にナースプレイを覚えさせられてしまったという人妻のこんな体験告白も掲載されている。

〈世の中には、妻にうまく風俗テクニックを伝授している夫たちがいる。(中略)「ダンナは独身時代に、イメクラとかいうコスプレ風俗にハマっていました。ある日、マンネリ克服にはまず衣装から、と言ってナース服を買ってきたんです。ショーツ一枚にナース服を羽織って診察してほしいというので、胸や脇腹を「触診」した後に、乳首を唇と舌でなめてあげたんです」(14年6月7日号)

 こんなに素直で勉強熱心な奥さんが、本当にこの世に存在するのかという疑問がよぎるものの、「夫婦のセックスレス解消」というテーマは、若い女性相手の不倫とはまたちがった好奇心を男性にもたらしているようで、他にも、風俗で体験した絶品のフェラチオテクニックを妻に覚えさる、女性向けAVを見せて「喘ぎのテクニック」を学ばせるといった企画が大きな反響を呼んだという。

 とまあ、方向性はどうあれ、老齢にさしかかった団塊世代の男性に大好評のセックス特集。しかし、相手である奥さんにはあまり評判がよくないようだ。

 若いコとのセックスをあおる「週刊ポスト」の記事が「いい年してみっともない」「記事を読んで旦那が性犯罪に走らないか心配」といった批判を受けているのはもちろんだが、妻とのセックスレス解消を奨励している「現代」の記事にも苦情の声が上がっているという。

「こっちはとっくに性欲がなくなっているのに、記事のおかげで、セックスを強要され、苦痛でしようがない」「年をとってまで夫の性のはけ口になるのはまっぴら」

 シニアセックスに盛り上がる男性たちに冷ややかな視線を投げかける女性たち。結局、男の性は最後までひとりよがりということなのだろうか。
(岡崎留美子)

最終更新:2014.08.22 05:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

熟年恋愛講座―高齢社会の性を考える (文春新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

妻を風俗嬢に! 20代を抱いて死ぬ! 老人の性欲が止まらない!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中年老人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
3 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
7 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
8 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9 グッディ!土田マジギレ真の原因
10 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
11 安倍首相にマッチョ批判
12 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
13 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 山本太郎を評価せよ!
16 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
17 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
1 安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
5 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
6 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
7 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
8 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
9 安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
10 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
11 安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
12 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14 安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
15 4人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16 参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
18 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
19 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
20 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄