常盤貴子主演『グッドワイフ』が描く検察組織のダーティぶりがリアルすぎる! 番組Pはなぜか小渕優子の夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

演出は『逃げ恥』の監督、でもプロデューサーは小渕優子の夫

 ドラマでは他にも、裁判官と弁護士が仲良くフットサルをしたり、また武田鉄矢演じる落ちぶれたジャーナリストがネット番組『真実報道』で放言やデマを撒き散らしていたのが、『報道特注』(文化人放送局)や『ニュース女子』(DHCテレビ)といったネット番組に似ていたり、と現実社会や言論状況までをパロディしているかのような設定やディテールなどが随所に散りばめられていた。

 テレビの報道が忖度や圧力によって、政権批判を完全に封印してしまっている中で、『相棒』など、一部のドラマが政権批判を盛り込んで一矢報いようとする動きを見せているが、この『グッドワイフ』からも明らかにそういった意図が感じられるのだ。

 しかも、『グッドワイフ』は検察と政界の癒着という、新聞テレビが絶対に触れることのできないもっとも強固なタブーを、これまでにないリアルさで切り込んでいる。

 演出を務める塚原あゆ子氏は、大ヒットした『逃げるは恥だが、役に立つ』(TBS)で知られる人物。『逃げ恥』でもそのリベラルな視点が際立っていたが、昨年放送の『アンナチュラル』(TBS)でも、山口敬之氏による伊藤詩織さん性的暴行事件を彷彿とさせるような事件を描いていた。『グッドワイフ』はアメリカのテレビドラマが原作だが、壮一郎の事件などは日本版オリジナル。塚原氏のリベラルでジャーナリスティックな視点がかなり生かされているのではないだろうか。

 しかし驚くのは、このドラマのチーフプロデューサーが瀬戸口克陽氏だということ。そう、小渕優子議員の夫なのだ。小渕議員といえば、2014年、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑が浮上したものの、まさに検察と政界の癒着によって、起訴を免れたといわれている。そんな政治家の夫がなぜこんなヘビーな検察批判のドラマをプロデュースしたのかさだかではないが、ドラマのスタンスはあっぱれというほかはない。

 今日17日、最終回を迎える『グッドワイフ』だが、ドラマの展開は現実はと違って、小泉孝太郎に説得された内閣府特命推進事務局長が証拠文書を提供し明るみにしたことで、大物政治家のインサイダー疑惑を暴いた壮一郎は検察に復帰し検事正に出世、今度は壮一郎が、妻・杏子に想いを寄せる多田弁護士を裁判官との癒着、贈賄容疑で逮捕するという驚きの展開を見せている。ドラマの行方と同時に検察という組織がどういう描かれ方をして終わるのか。その行方も注目される。

最終更新:2019.03.17 06:37

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

常盤貴子主演『グッドワイフ』が描く検察組織のダーティぶりがリアルすぎる! 番組Pはなぜか小渕優子の夫のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBSグッドワイフ伊勢崎馨加計学園小泉孝太郎小渕優子常盤貴子森友学園検察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
2 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
3 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
6 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
9 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
12 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
13 貧乏人攻撃の田端信太郎とZOZOTOWN
14 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
15 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
12海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄