『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃! 目玉おやじの「日本も他の国に攻め入った」のセリフに「反日」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃! 目玉おやじの「日本も他の国に攻め入った」のセリフに「反日」との画像1
フジテレビ公式HPより

『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ)に一部のネトウヨが噛み付いている。現在、日曜日の朝9時に放送されている第6シリーズの『ゲゲゲの鬼太郎』は、パワハラ、薄給での強制労働、責任逃れに終始する政治家など、子ども向けアニメとは思えない鋭い社会風刺を盛り込み、話題になっているが、8月12日の第20話では、太平洋戦争を振り返る「妖花の記憶」を放送。これが高い評価を得ている一方で、一部のネトウヨから「自虐史観」「反日」「サヨ太郎」などと、攻撃を受けているのだ。

 ストーリーは、第6シリーズから登場するキャラクター・中学1年生の犬山まなの大伯母(祖母の姉)の家の庭に妖気を吸って咲く「妖花」という花が咲いたことから始まる。

 ゲゲゲの鬼太郎一行は、妖気が出ている元となる南の島に向かうのだが、現地では木材を伐採するために派遣されていた日本企業の社員が恐怖に震えていた。ご神木を切ろうとした日から、銃声や「撃て! 撃て!」といった叫び声の幻聴が聞こえるようになったのだ。

 そこで、ご神木の根に開いていた大きな穴を覗くと、そこには白骨化した日本兵の死体があった。そのなかには、無念の死を遂げた犬山まなの大伯母の婚約者もおり、彼が出した妖気が大伯母の家の庭に妖花を咲かせていたのだと知る。

 一連の出来事で戦争の悲劇を知った犬山まなは、日本に帰った後、「戦争について平和について」というタイトルで夏休みの宿題である自由研究の発表を行うところで物語は終わる。

【「鬼太郎」らしいストーリーで、戦争の悲惨さを描いた秀逸な作品だったが、ネトウヨが噛み付いたのは、鬼太郎一行が南の島(具体的な島の名前は登場しない)に足を踏み入れるくだりの会話だった。日本から遠く離れた南国の島を歩いていると突然日本語で書かれた石碑に遭遇し、犬山まなは驚く。そこでこのような会話が展開した。

犬山まな「これ、日本語……。こんな遠いところに、どうして?」
目玉おやじ「これは戦没者の慰霊碑じゃよ。戦争で日本の兵隊たちがこの島で戦い、そして、大勢死んだんじゃ」
犬山まな「戦争……」
目玉おやじ「太平洋戦争。学校で習ったのではないかな?」
犬山まな「聞いたことあるけど、どうしてこんな南の島で」
鬼太郎「昔、日本は大きくなろうとした。そして、アメリカ、イギリス、フランス、いまでは仲良くしている国に戦いを挑んだんだ」
目玉おやじ「まなちゃんたちの世代には信じられんかもしれないがの」
ねずみ男「ホント、嫌な時代だったぜ」
犬山まな「アメリカと戦争してたのは知ってたけど、なんか、日本が一方的に攻められて負けたみたいに思ってた」
目玉おやじ「いや、日本も他の国に攻め入り、戦ったりしとったのじゃよ。そういう時代があったんじゃ。あれからもう70年以上。戦争の記憶も薄れつつある、か……」

 ネトウヨたちはこの目玉おやじの口から出た「日本も他の国に攻め入り、戦ったりしとったのじゃよ」というセリフが気に入らなかったらしい。「日本が欧米諸国の植民地になってたらどうすんだよ」「反日なら自分の大好きな国に帰れ」「水木の漫画とか自虐史観そのものちゃうの?」「アジアの植民地開放のために戦ったことが抜けてるもよう」「日本が一方的にアメリカを攻めたみたいな誤解を生む大東亜戦争語りたいならハルノートから説明させろ」などといったツイート、投稿が散見され、まとめサイトには「『ゲゲゲの鬼太郎』最新話で戦争の話をするが、自虐史観で一気にサヨ太郎になる」なるタイトルの記事まで立った。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃! 目玉おやじの「日本も他の国に攻め入った」のセリフに「反日」とのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ゲゲゲの鬼太郎ネトウヨフジテレビ水木しげる編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
2 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
3 菅に日歯連から3000万円迂回献金
4 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
5 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
6 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
7 原発事故前に安倍が地震対策拒否
8 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
9 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
10 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
11 森友学園問題で安倍の虚偽答弁が発覚!
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
16 貴乃花出馬を阻む森喜朗との不仲
17 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
18 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
19 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
20 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
4安倍改造内閣は杉田水脈レベルの“ほぼ全員ネトウヨ内閣”
5安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
6加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
7ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
8旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
10本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
11百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
12安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 『zero』有働由美子がニュース感覚“ゼロ”を露呈
15百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
16茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
17民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
18テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
19フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
20『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄